アルコール依存症の離脱症状 不眠の対処法!

アルコール依存症 離脱症状 不眠 について

 

アルコール依存症の方が体内のアルコールの量が減ってくると様々な症状を引き起こします。

その一つが「不眠」です。

 

私は以前、毎晩飲んでいました。

ただ、健康診断で肝臓の数字が悪いと言われて、家で晩酌するのをやめました。

付き合いで、完全にアルコールを断つことはできないんですけどね。

アルコールを完全に断たなければいけないほど肝臓の数字が悪かったわけでもありませんでしたしね。

 

ただ、毎晩お酒を飲んでいたのに、飲むのをやめると、しばらく不眠が続きました。

病院で診てもらったわけではないですが、アルコール依存症ではなかったと思います。

 

これが、アルコール依存症の方であれば、私よりもツラい思いをするのではないか、と思います。

眠れない日々が続くと、体はだるいのに全然眠れず、精神的にも肉体的にもかなりツラいですからね。

 

そこで、ここではアルコール依存症の離脱症状である不眠について紹介します。

 

「アルコール依存症の離脱症状 不眠の対処法!」の続きを読む…