インフルエンザ予防にうがいは効果なし!?意味がないってホント?

 

冬になると毎年のようにインフルエンザが流行しますよね。

それで、インフルエンザ予防のためにいろいろするようになるのではないでしょうか?

手洗い、うがい、マスク、乳酸菌摂取、予防接種、などなど…

 

これらの中で最近、インフルエンザ予防に効果なし、と最近言われるようになったものがあります。

それは『うがい』です。

 

厚労省はインフルエンザを予防する方法として、うがいを挙げなくなりました。

ほんの一部だけ抜粋します。

3) 外出後の手洗い等
流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、インフルエンザに限らず接触や飛沫感染などを感染経路とする感染症の対策の基本です。インフルエンザウイルスはアルコールによる消毒でも効果が高いですから、アルコール製剤による手指衛生も効果があります。

(引用元:「厚生労働省HP インフルエンザQ&A」より)

 

よく読むと分かっていただけると思いますが、従来はインフルエンザ予防法として手洗いとうがいがセットのように挙げられていたんですが、ここでは「うがい」があげられていませんね。

それで、これはインフルエンザ予防法のごくごく一部なんですが、他のところにも「うがい」は一切あげられていません。

 

「ひょっとして書き忘れでは?」
とあなたは思いませんでしたか?

しかし、そういうわけではないんです。

実は、インフルエンザ予防にうがいの有効性が認められない、ということが明らかになったんです。

 

ただ、うがいをしたらインフルエンザになりやすくなる、ということではありませんので、うがいをしないほうがいい、と言っているわけではないですよ。

うがいをしてもインフルエンザの予防にもならなければ、かかりやすくもならない、つまり意味がないということなんですよ。

 

そこで、うがいが本当にインフルエンザ予防に効果なしなのか、紹介します。

 

うがいはインフルエンザ予防の効果なしってホント?

 

ではなぜうがいはなぜインフルエンザ予防の効果なしと言われるようになったのでしょうか?

 

まず、私たちは基本的には鼻で空気を吸っているからです。

インフルエンザウイルスは、鼻の粘膜に付着することで感染します。

ということは、うがいをしても鼻の粘膜をきれいにはできないので、インフルエンザ予防にはならない、ということですね。

 

ただこれだけだと、「口からも空気は体内に入るから、その分はうがいで予防できるのでは?」なんて考えてしまいますよね。

確かに、空気は口からも入りますし、インフルエンザウイルスが口から入って喉の粘膜に付着することで感染します。

それで、インフルエンザウイルスが粘膜に付着してから体内に入るまで約20分です。

つまり、20分以上前に体内に取り入れたインフルエンザウイルスは、うがいで取り除くことができないので意味がない、ということになりますね。

 

あともう一つ、そもそもうがいをした時にのどの粘膜まで水(洗浄液)が届くのかどうかという問題がありますよね。

普通に考えたら、のどの粘膜まで入った水は外に出すことはできませんよね。

それで、インフルエンザウイルスを体外に出すことができるのか、といえば、そんなことは無理ですよね。

 

以上のことから、うがいはインフルエンザ予防の効果なし、と言われるようになったんです。

 

しかし、実験によって、風邪予防のうがいの有効性は認められています。

2002~2003年の冬場に、全国で18~65歳の合計約380名のボランティアを、「水でうがい」、「ヨウ素系うがい薬でうがい」、「何もしない」の3群に分けた2カ月間の追跡調査が行われました。うがいは15秒を2度行い、1日3回以上実施されました。
その結果、「水うがい群」は対照の「何もしない群」に比べてかぜの発症が40%減り、うがいのかぜ予防効果が実証されました。
ただ、「ヨウ素系うがい薬群」では、対照群と差がなく、はっきりした予防効果がみられませんでした。この原因として、正常細菌のバランスが、薬によって壊されたためではないかと推測されています。
文献:
川村 孝, 里村一成, 後藤雅史, 北村哲久, 系統的無作為割付対照試験による感冒の予防・治療体系の確立. Reserch Papers of The Suzuken Memorial Foundation, 22:42-45, 2005.
里村一成, 川村 孝, うがいによる風邪の予防効果. Medical Practice, 23(8):1460-1461, 2006.

(引用:「サラヤ株式会社 インフルエンザ」より)

 

ただし、インフルエンザウイルスは風邪ウイルスよりも感染力が強いので、この実験によってインフルエンザ予防のうがいの有効性は認められません。

風邪ウイルスは喉の粘膜に付着してから体内に取り込まれるまで時間がかかるとされていることもありますね。

ただ、風邪ウイルスも口から入ってきたらすぐにのどの粘膜まで届いてしまいます。

しかし、うがいをしてものどの粘膜まで水が届きませんよね。

であれば、ウイルスを外に出すことはできませんよね。

ましてや、鼻粘膜に付着した風邪ウイルスをうがいで取り除くことはできませんよね。

 

それなのに、なぜ風邪の予防にうがいは有効なのでしょうか?

 

これにはある推測があります。

実は、うがいはウイルスを取り除く働きはほとんどなく、喉を湿らせることで風邪ウイルスに感染するのを防いでいるのではないか、ということです。

もし、これが本当であれば、インフルエンザ予防にもうがいが有効かもしれない、ということができます。

 

つまり、うがいがインフルエンザに有効性がない、と結論付けるのはちょっとまだ早いのかな、という気はします。

インフルエンザウイルスを取り除くことはできないけど、喉を潤すことでインフルエンザ感染を防ぐことができるかもしれないんですよ。

ただ、インフルエンザの感染力を考えれば、本当に全く効果がないのかもしれないですけどね。

 

ということで、ひょっとしたらうがいがインフルエンザ予防に有効かもしれないので、しないよりかはしたほうがいいと思います。

せめて、うがいをしたらインフルエンザにかかりやすくなるとか、それ以外の病気になりやすくなるとか、そういったことは一切ありません。

ですから、外から帰ってきたら、うがいはしないよりかはしたほうがいいのではないでしょうか?

 

本当にうがいはインフルエンザ予防に効果なしなのかどうか、その結論は「効果なしでしょう」ということになります。

ただ、ひょっとしたら効果があるかもしれないですし、最低限うがいをしてマイナスになる事はないので、うがいはしたほうがいいのではないか、と思います。

 

 

急性ストレス反応の原因と症状~華原朋美が患った病気の真実は?

 

歌手の華原朋美さんが「急性ストレス反応」で活動を休止する、と発表されましたね。

この「急性ストレス反応」とは、なかなか耳にしないのではないでしょうか?

 

そこで、ここでは「急性ストレス反応」とはどういったものなのか、原因や症状はどういったものなのか、紹介します。

 

「急性ストレス反応の原因と症状~華原朋美が患った病気の真実は?」の続きを読む…

青汁にデトックス効果があるってホント?内側からきれいになる?

 

デトックスは健康にも美容にも良いということで実践している人が多いですよね。

デトックス方法はいろいろあるんですが、そのうちの一つとして「青汁」があります。

そうです!青汁にはデトックス効果がある、ということなんです。

 

そこで、ここでは青汁にデトックス効果が本当にあるのか、紹介します。

 

「青汁にデトックス効果があるってホント?内側からきれいになる?」の続きを読む…

酒アレルギーで皮膚がかゆい!?対処法は?アレでかゆくない!

 

お酒を飲むとアレルギー症状を引き起こす「酒アレルギー」で悩む人が増えていますよね。

症状は他のアレルギーとさほど変わらないんですが、酒アレルギーの場合は、皮膚がかゆくなる人が多いですよね。

湿疹ができるという人もいますよね。

 

そこで、ここでは酒アレルギーでかゆい時の対処法を紹介します!

 

「酒アレルギーで皮膚がかゆい!?対処法は?アレでかゆくない!」の続きを読む…

野菜不足は納豆で補うことができるってホント?野菜代わりになる?

 

納豆は野菜の代わりになる!

と言われることがあるんですが聞いたことはありませんか?

 

納豆はとくに調理する必要はなく、比較的手軽に食べることができますので、野菜の代わりになるのであればかなりいいですよね。

 

しかし、それって本当なのかなぁ、なんて疑問を持ってしまいませんか?

 

では、本当に納豆は野菜の代わりになるのでしょうか?

 

「野菜不足は納豆で補うことができるってホント?野菜代わりになる?」の続きを読む…

野菜不足をもやしで補うことができるってホント?栄養がないは嘘?

 

「もやしにはほとんど栄養が含まれていないから、野菜不足を補うことなんてできないよ!」
と、あなたは聞いたことがありませんか?

もやしは値段が安いですし、見た感じもなんだか栄養がなさそうな感じで、とても野菜不足を補うことができなさそうですよね。

 

一方で、もやしには栄養素が豊富に含まれているので、非常に健康的な食べ物だ、と言われることがあります。

もちろん、野菜不足を補うのに適している、ということですよね。

 

はたして、もやしで野菜不足を補うことはできるのでしょうか?

「野菜不足をもやしで補うことができるってホント?栄養がないは嘘?」の続きを読む…

野菜不足は枝豆で解消できるってホント?枝豆は実はスゴイ?

 

枝豆といえば、ビールのおつまみというイメージはありませんか?

僕は、ビールを飲むときには必ずと言っていいくらい枝豆を食べますね。

逆に、ビールを飲むとき以外は枝豆を食べる機会がほとんどないんですよね。

ただ、おやつとして枝豆を食べるのもいいかもしれませんね。

 

さて、その枝豆なんですが、私たちが不足しがちな栄養をたくさん含んでいるんです。

特に最近は野菜不足になりがちだと言われているんですが、野菜不足に枝豆を食べると良い、と言われることもありますよね。

 

そこで、ここでは枝豆で野菜不足を解消できるのか、紹介します!

food_edamame

 

枝豆は野菜不足に効果的ってホント?

 

まずは枝豆の栄養素から紹介します。

枝豆100g当たりの栄養素は以下の通りです。

 

カロリー[kcal] 135
タンパク質[g] 11.5
炭水化物[g] 8.8
脂質[g] 6.6
食物繊維[g] 5
ビタミンA[mg] 22
ビタミンB1[mg] 0.31
ビタミンB2[mg] 0.15
ビタミンC[mg] 27
カルシウム[mg] 58
カリウム[mg] 590

ちなみに、これらの栄養素は調理する前の枝豆に含まれている栄養素です。

枝豆はゆでることが多いと思いますが、ゆでるとビタミンB群、ビタミンC、葉酸(枝豆には葉酸も多少は含まれる)などが半減する、とされています。

ゆで方次第では2~3割減でおさまるということですけどね。

 

それで、この中から野菜不足解消という観点から、注目すべき栄養素を紹介していきます。

 

 ビタミンB1

枝豆100gあたり、ビタミンB1が約0.31mg含まれています。

1日に必要なビタミンB1は、約1.0mgです。

ですから、1食分の枝豆で1日に必要なビタミンB1の約3分の1くらいを摂ることができる、ということになりますね。

 

 ビタミンC

枝豆100gあたり、ビタミンCが約27mg含まれています。

1日に必要なビタミンCは、約100mgです。

ですから、1食分の枝豆で1日に必要なビタミンCの約4分の1くらいを摂ることができる、ということになりますね。

 

 食物繊維

枝豆100gあたり、食物繊維が約5g含まれています。

1日に必要な食物繊維は、約20gです。

ですから、1食分の枝豆で1日に必要な食物繊維の約4分の1くらいを摂ることができる、ということになりますね。

 

これらの栄養素は、現代の日本人の食生活だとどうしても不足しがちな栄養素です。

それらの栄養素を枝豆を積極的に食べることで補うことができる、ということになりますね。

 

枝豆を食べ過ぎると問題が…!?

 

ただ、枝豆は食べ過ぎると問題が出てきます。

それは以下の3つの理由からです。

 

 プリン体

枝豆100gあたり、プリン体が約47.9g含まれています。

これだけなら多いというわけでもないんですが、食べ過ぎるとプリン体を摂りすぎてしまい、痛風になる可能性が高くなりますよ。

 

 塩分の摂りすぎ

枝豆を食べる時には塩を振ることが多いですよね。

その塩のせいで、塩分の摂りすぎになる恐れがあります。

 

 カロリーが高い

枝豆100g当たりのカロリーは約135kcalです。

これは、野菜類の中では高めです。

その大半がたんぱく質によるものなので、太る原因にはなりにくいですが、油断禁物です。

 

枝豆は他の野菜と比べると比較的手軽に食べることができますね。

冷凍の枝豆なら、流水解凍で食べることのできるものがありますので、そういったものならなおさら手軽に食べることができますよね。

 

だからといって、野菜不足を枝豆だけで補おうとすると、シャレにならないことになるかもしれません。

おやつに、スナック菓子の代わりに枝豆を食べたり、食事の時に枝豆を少し加える程度ならいいんですが、それ以上食べるのは良くないですよ。

 

野菜不足を解消するには?

 

野菜不足を解消するには、毎食野菜を食べたほうがいいです。

できればいろいろな種類の野菜を食べれば、様々な栄養素を補うことができますし、それぞれのデメリットを補うこともできます。

幾つかの種類の野菜を摂っていれば、プリン体の摂りすぎにならないでしょうし、調味料に気をつければ塩分の摂りすぎにはならないでしょう。

 

ただ、それはなかなか難しいですよね。

また、現代は緑黄色野菜がどうしても不足しがちですが、そうなるとβカロテン(ビタミンA)が不足してしまいますので、不充分です。

 

そこで、緑黄色野菜から作られた青汁だと手軽に野菜不足を補うことができますのでおすすめです。

サンスター「粉末青汁」は、5種類の野菜(ケール、大麦若葉、モロヘイヤ、明日葉、ブロッコリー)から作られた青汁です。

多くの青汁が1種類の野菜から作られている中、この青汁は5種類の野菜から作られているんです。

ですから、野菜に含まれている栄養素をバランスよく補うことができるんですよ。

 

野菜不足を補って元気な毎日を過ごしたい、
と思っているあなたに、サンスター「粉末青汁」はおすすめです。

 

詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

 サンスター「粉末青汁」詳しくはこちら


 





 

参考サイト:野菜不足は青汁で簡単に解消できるってホント?

野菜不足だと鼻血がよく出て止まらなくなる?知らないと損する!

 

「鼻血がよく出るし、出たら止まらなくなるんだけど…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

人前でいきなり鼻血が出ると、ものすごく困りますよね。

嫌な顔されたりもしますしね。

そして、鼻血がなかなか止まらないと、ますます困ってしまいますよね。

sick_hanadi

「鼻をどこかにぶつけたり、いじったりしてないのに、どうして鼻血が…」
なんて、あなたは思いませんか?

 

ひょっとして、その鼻血の原因は野菜不足かもしれません。

そうです!野菜不足だと鼻血が出やすくなり、止まりにくくなるのです。

 

そこで、ここでは野菜不足だと鼻血が出やすく止ま利にくくなる原因と対処法を紹介します。

 

野菜不足だと鼻血が出やすく止まりにくくなる理由とは?

 

まずは、鼻血が出やすく止まりにくくなる原因から紹介します。

 

鼻血の原因で、よく知られているのが、

・鼻をほじったりいじったりする
・鼻をぶつける
・くしゃみや鼻水が止まらない(アレルギー性鼻炎など)

ということだと思います。

 

こういった事に心当たりがない場合、鼻血がよく出て止まりにくいのは、鼻の粘膜が弱い事が原因であることがほとんどです。

 

鼻血は鼻の奥から出ることがほとんどですが、この部分は毛細血管がたくさんありますが、非常に皮膚が薄いです。

それで、元々血管が破れやすく血が出やすい部分ではあります。

ですから、ちょっとぶつけたりいじったり、あるいはくしゃみなどで刺激しただけで血が出てしまうんです。

 

それで、鼻血が出やすいところは粘膜でおおわれていますが、粘膜が薄いとちょっとした刺激で血管が破れてしまうんです。

ちょっと鼻水をすすっただけで、あるいはくしゃみを1回しただけで血管が破れてしまって鼻血が出る、なんてこともあり得ます。

また、ちょっと興奮して血液の勢いが良くなっただけで血管が破れて出血する、なんてこともあり得ます。

 

それで、野菜には粘膜を丈夫にする栄養素がたくさん含まれています

粘膜を構成するビタミンA、粘膜の維持と成長に不可欠なビタミンB2、粘膜を強くするビタミンCなど、野菜に含まれている成分には粘膜を強くするのに欠かせない成分が含まれているんです。

 

ですから、野菜不足だと粘膜が弱くなりますので、鼻血が出やすくなるんです。

 

あと、野菜不足だと血圧が高くなる傾向があります。

それで、血圧が高いと鼻血が出やすくなる、と言われています。

 

その他にも、野菜不足だと鼻血が出やすくなる理由はいろいろ考えられていますよ。

 

野菜不足を解消して鼻血が出にくくなるポイントは?

 

野菜不足を解消して鼻血が出にくくするには、普段から野菜をたくさん食べるといい、ということになるんですが、

食生活を変えるのってなかなか難しいですよね。

 

私は単身赴任で一人暮らしをしていますが、いつもコンビニ弁当やスーパーの総菜、外食ばかりです。

そうなると、野菜不足になりやすい、というのは想像できますよね。

それで、コンビニで弁当を買う時は、一緒にカップ野菜も買うようにしたり、スーパーではパック野菜を買うようにしたり、外食の時はサラダをなるべく頼むようにしたり、いろいろ工夫はしています。

 

しかし、それでは圧倒的に不足するものがあるんです。

それは、緑黄色野菜です。

コンビニで緑黄色野菜の総菜ってなかなか売ってないですよね。

また、外食でも緑黄色野菜って摂りにくいですよね。

スーパーなら少しはあるものの、それでも不充分ですね。

 

それで、緑黄色野菜が不足すると、まずβカロテンが不足しがちです。

ちなみに、βカロテンの一部は体内でビタミンAに変わりますので、βカロテン不足はビタミンA不足につながります。

また、ビタミンCも緑黄色野菜のほうが多いので、緑黄色野菜不足はビタミンCも不足しがちです。

 

そうなると、粘膜が強くなりませんので、鼻血が出やすく止まりにくいのを改善できません。

 

であれば、健康食品などなら、手軽に緑黄色野菜を補うことができるのでおすすめです。

緑黄色野菜を補うのにおすすめは、青汁です。

青汁の原料は緑黄色野菜です。

その緑黄色野菜をそのまま飲み物にした青汁ほど、緑黄色野菜を補うのに適したものはないでしょう。

 

なかでもサンスター「粉末青汁」は、5種類もの緑黄色野菜(ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ、ブロッコリー)から作られているんです。

ほとんどの青汁が1種類の野菜から作られているのに、この青汁は5種類もの野菜から作られているんです。

ですから、栄養が偏ることなくバランスよく摂ることができるんですよ。

 

実際に私も飲み続けていますが、かなり体調がよくなりましたよ。

 

野菜不足をきちんと補って鼻血から解放されたい
と思っているあなたに、サンスター「粉末青汁」はおすすめです。

 

詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

 サンスター「粉末青汁」詳しくはこちら


 





 

アルコール性脂肪肝の断酒期間は?どれだけで回復するの?

 

「アルコール性脂肪肝と診断されてしまったんだけど!?」

脂肪肝と診断されると、ショックですよね。

お酒を飲み過ぎているという自覚があれば、脂肪肝と診断されても「仕方がない!」と思えるかもしれませんが、

そうはいっても、やはりショックだと思います。

 

実は、私もアルコール性脂肪肝と診断されたことがありますが、本当にショックでしたね。

好きなお酒をもう飲めなくなるのかなぁ、なんて思っていたこともありましたね。

 

ただ、アルコール性脂肪肝は、アルコールを断てば治ると言われています。

では、どれだけの期間断酒すれば、アルコール性脂肪肝は回復するのでしょうか?

 

「アルコール性脂肪肝の断酒期間は?どれだけで回復するの?」の続きを読む…

長時間座りっぱなしが原因で腹痛になる!?その理由と対処法は?

 

「最近、なんだかお腹が痛くなることが多くなって…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

突然腹痛になると、本当にツラくて苦しいですよね。

仕事中だと仕事どころではなくなりますし、街中を歩いている時にしゃがみこんでしまうと周りに迷惑をかけたりもしますしね。

 

腹痛の原因はいろいろありますが、その一つに“長時間座りっぱなし”があります。

そうです!デスクワークや自宅でのパソコン、あるいはテレビを見ることなどで長時間座りっぱなしの状態が続くことが原因で、腹痛が起こることがあるんです。

 

そこで、ここでは長時間座りっぱなしで腹痛になる原因と対処法を紹介します。

 

「長時間座りっぱなしが原因で腹痛になる!?その理由と対処法は?」の続きを読む…