眠れないけど睡眠薬を飲みたくない時の対処法!アレでグッスリ!


 

「眠れない日々が続いているので、病院に行ったら睡眠薬を処方されたけど、できるだけ睡眠薬は飲みたくなくて…」
と、あなたは思っていませんか?

睡眠薬は副作用が心配ですよね。

また、薬に頼りすぎると、薬を飲まないと眠れなくなる、ということになりかねません。

ですから、できれば睡眠薬を飲まずに眠れるようになりたいですよね。

 

nemurenai

そこで、ここでは睡眠薬を飲まなくても眠れるようになるポイントを紹介します。

 

睡眠薬を飲まなくても眠れるようになるポイント

 

睡眠薬を飲まなくても眠れるようになるには、眠れなくなった原因をできるだけ取り除くことが大切になります。

眠れなくなる原因は、ストレスか不規則な生活が多いです。

 

ストレスがたまると、夜になっても心身がリラックスできません。

悩みや心配事、不安、イライラ、などが夜遅くまで続くと、眠れなくなりますよね。

ですから、ストレスをきちんと発散する必要があります。

「ストレスを発散したいけどその時間がなくて…!?」
と思っているのであれば、睡眠時間を1時間削って運動したり夢中になれることをするといいですよ。

 

あと、寝る時間が日によってバラバラだと眠れなくなります。

ですから、眠る時間をできるだけ毎日同じにすることが大切になります。

ただ、仕事などの関係で寝る時間がバラバラになってしまうこともあると思います。

そういう場合でも、できるだけ工夫をして寝る時間を同じにするといいでしょう。

 

そして、もう一つ大切なのが、眠れなくても気にしないことが大切です。

眠れない日が続いている場合、夜になると、
「今日も眠れないのかなぁ?」
と、不安に思いませんか?

また、布団に入ってから眠れないと、イライラしたり不安になったりすることってありませんか?

そういう不安やイライラのせいでますます眠れなくなってしまいます。

私たち人間は誰でも、眠れない日が時々はあります。

どんなに健康体の人でも、眠れない日はあるんです。

また、眠れなくても目をつぶって横になっているだけで、ある程度は疲れが取れたり、程度は低いものの睡眠と同様の効果を得ることができます。

ですから、眠れないからといって、不安になったりイライラしないようにすることが大切ですよ。

 

これらのことを意識しておくだけでもかなり違います。

 

そして、よく言われるように、朝起きたら体を覚まし、夜になったらリラックスすることが大切です。

朝起きたら太陽の光を浴びて体を動かし、朝食を食べたり冷たい水を飲んだりして腸を動かしたりすれば、体は覚めます。

そして、夜になったら早めにスマホやパソコンをやめ(寝る3時間前にはやめるべき)、リラックスする音楽を聴いたりアロマなどをしたりすると、リラックスできて眠りやすくなりますよ。

 

あと、睡眠に必要な栄養素をしっかりと補うことも大切です。

睡眠には、トリプトファンというアミノ酸の一種とビタミンB6が必要です。

この2つの栄養素が不足すると、睡眠に必要なホルモンが分泌されませんので、眠れません。

トリプトファンとビタミンB6が含まれている食べ物は、バナナ、赤身魚(かつお、まぐろetc)などです。

これらの食べ物を積極的に食べるといいでしょう。

 

また、睡眠に必要な栄養素をサプリで補うのもおすすめです。

なかでも「月の休息」は、多くの不眠で悩む人の間で評判になっている睡眠をサポートするサプリです。

睡眠に必要なトリプトファンとビタミンB6を効率よく摂ることができますよ。

また、サプリなので睡眠薬のような副作用の心配はありません。

ただ、睡眠薬のように飲んですぐに効果を実感できる、というものではありません。

しかし、飲み続けることによって、多くの人が睡眠薬を飲まなくてもぐっすり眠れるようになっていますよ。

 

詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

 「月の休息」詳しくはこちら


 





 

参考サイト:安眠サプリでぐっすり眠れるようになるってホント?実録体験談を公開!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)