目の疲れを放置すると不眠症に!?知らないと損する疲れ目対策!


 

「なんだかよく眠れないんだけど、なんとかならないかなぁ?」
と、あなたは悩んでいませんか?

現代はストレス社会と言われていますよね。

また、ライフスタイルが多様化しているとも言われていますが、それで生活リズムが乱れている人が増えていますよね。

そのせいで、不眠症になる人が増えているのです。

 

ただ、ストレスは人並みに感じているだけだし、生活リズムは乱れていないのに、眠れない、と悩む人も多いですよね。

それは、目の疲れが原因なのかもしれません。

「目が疲れると眠れなくなるの!?」
と、驚きましたか?

 

nemurenai

そこで、ここでは目の疲れと不眠症の関係を紹介します。

 

目の疲れが原因で不眠症になるワケとは?

 

不眠症の大きな原因は自律神経の乱れです。

そして、目と自律神経は非常に深い関係にあります。

 

自律神経とは、私たちの意思に関係なく作用している神経です。

例えば、腸は私たちの意志に関係なく働いていますよね。

それは、自律神経が作用して活発に働いたり休んだりしているんです。

そういった、私たちの意志に関係なく動く器官などに作用しているのが、自律神経です。

 

それで、目はピントを合わせたり、あるいは上下左右に動かしたり、そういったことは意識して行うことですよね。

ただ、目はそれだけではなく、瞬きをしたり、涙が出たり、意思とは関係なく動くこともたくさんあるわけですよね。

そして、疲れ目を回復させるのも自律神経が関わっています。

 

それで、疲れ目がひどくなると、自律神経が働きすぎてしまいます

そうなると、自律神経が乱れてしまうのです。

 

それで、自律神経は眠りにも大きく関係しています。

自律神経が眠るように作用してくれないと、私たちは眠ることができないのです。

それで、自律神経が乱れると、夜になっても眠るように作用してくれなくなるので、寝付きが悪くなったり、睡眠の質が悪くなったりします

 

ここまでをまとめますと、疲れ目によって自律神経が乱れるので、不眠症になる、ということになります。

 

目の疲れが原因の不眠症を解消するポイント

 

目の疲れが原因の不眠症を解消するには、目の疲れと不眠症の両方を解消する必要があります

目の疲れを解消しようと思っても、睡眠不足だとそれは難しくなります。

また、不眠を解消しようと思っても、その原因である目の疲れを解消しない事には無理ですよね。

 

まず、とりあえずは眠れなくても布団に入って横になり、目をつぶることが大切です

それだけで、体の疲れ(目の疲れも含む)をある程度は取ることができます。

この時の注意点ですが、眠れないからといってイライラしないことが大切です。

イライラしていたら、ますます自律神経が乱れてしまって、眠れなくなります。

ぐっすり眠ることはあきらめてしまい、楽しいことを想像していると、イライラせずに横になったまま目をつぶっていることができますよ。

ただ、ワクワクするようなことを想像していると脳が興奮して眠れなくなります。

ですから、眠るためにはワクワクするようなことを想像するのは良くないんですが、イライラを抑えるにはこの方法が一番でしょう。

 

そのうえで、目の疲れを取るようにすれば、目の疲れと不眠を同時に改善することができますよ。

目の疲れを取るには、こまめに目を休ませたり、蒸しタオルなどで目の周辺を温めたり、目を動かしたりするといいです。

そして、目の疲れを回復するのに効果的な栄養素を摂るといいですよ。

 

目の疲れに効果的な食べ物といえば、ブルーベリーですね。

ただ、ブルーベリーはそんなに手軽に食べられるものでもありませんよね。

ですから、目の疲れで悩んでいる人に、ブルーベリーのサプリを飲んでいる人が多いんです。

 

ブルーベリーのサプリで本当に疲れ目を解消できるのか、実際に飲んでみた体験談がまとめてあるサイトがあります。

そちらを参考にしてみてください。

 ブルーベリーを飲み続けたら疲れ目はどうなった?実録体験談を公開!

 





 

No tags for this post.

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)