血圧が下がらない原因は不眠?高血圧と不眠の関係とは?


 

「食事には気をつけてるし、運動もしてるのに、全然血圧が下がらなくて…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

高血圧と診断されると、食事や生活習慣などについて医者から指導されますよね。

それで、医者の指導通りに実践するのはかなり大変なんですが、それでも頑張って医者の指導通りに実践しても、なかなか血圧が下がらない、という事はありますよね。

 

血圧が下がらない原因は、食事や運動不足などが大きいんですが、実はそれ以外にもいろいろ原因があるんです。

その一つが「睡眠不足」になります。

 

そこで、ここでは不眠と血圧の関係を紹介します。

 

a0001_014059

 

高血圧と不眠の関係~血圧が下がらない原因は不眠?

 

まずは不眠のメカニズムを簡単に紹介します。

正常であれば夜になると眠くなりますよね。

それは、自律神経という神経が心身をリラックスさせるからです。

しかし、自律神経が乱れると、心身をリラックスすることができません。

だから、眠れなくなるのです。

 

それで自律神経は、血圧にも影響します。

自律神経が心身を活発にするときは血圧も高くします。

そして、心身をリラックスする時は血圧も下げます。

 

という事は、眠れない状態が続くという事は、自律神経が心身をリラックスしない状態が続くことになり血圧を下げない状態が続いてしまうわけです。

その状態から日中さらに血圧を高くするわけですから、高血圧になってしまいます。

 

この場合、血圧を下げるには、不眠を解消する以外に方法はありません

 

不眠で血圧が下がらない時の対処法

 

血圧が高いと眠れなくなりがちです。

その原因はまだはっきりとはわかっていません。

ただ、自律神経の乱れを整えることで眠れるようになる、ということは確認されています。

ですから、自律神経の乱れを整えるように心がけるといいでしょう。

 

自律神経の乱れを整えるポイントは、朝は体を覚まし、夜は体をリラックスすることです。

朝起きたら太陽の光を浴びて体を動かしたり、冷たい水を飲んだり朝食を食べたりして腸を動かしたりすれば、体は覚めます。

そして、夜にリラックスする音楽を聴いたり、アロマなどで心を落ち着ければ、リラックスできます。

 

ただ、そういうことをしてもなかなか眠れないことがあります。

私は不眠で悩んだことがありましたが、そういうことをしても全然眠れませんでした。

しかし、サプリを飲むようになってから眠れるようになったんです。

私以外にも多くの人が、睡眠をサポートするサプリで眠れるようになっているんですよ。

 

睡眠をサポートするサプリを飲むことで眠れるようになるのか、体験談を別のサイトにまとめましたので、興味があればそちらをご覧ください。

 安眠サプリでぐっすり眠れるようになるってホント?実録体験談を公開!

 





 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)