季節の変わり目にやる気が出ない!そんなときはアレでやる気が!?


 

「季節の変わり目でなんだかやる気が出ないんだけど…!?」

季節の変わり目に仕事などにやる気が出ない、と悩む人は多いですよね。

職場に行きたくなくなったり、家から一歩も出たくなくなったり、頑張って職場に行ったとしてもなんだか仕事をしたくなくなったり…

なぜかやる気が出ない、ということがありますよね。

私も季節の変わり目にやる気が出ない、という事はよくあります。

 

gogatsubyou_man

 

そこで、季節の変わり目にやる気が出ない時の対処法を紹介します。

 

季節の変わり目にやる気が出ない原因

 

まずは、季節の変わり目にやる気が出ない原因から紹介します。

 

季節の変わり目は、急に気温が変わる時期ですよね。

春から夏に変わる時は、急に暖かくなりますし、夏から秋になると急に気温が下がりますよね。

また、秋から冬になる時はさらに気温が下がりますね。

 

そして、季節の変わり目は、昼と夜の気温の差が大きくなります。

また、日によっても気温の差も大きくなります。

三寒四温という言葉がありますが、寒い日と温かい日の気温差が大きくなりますよね。

 

それで、私たちの体は気温が変化しても体温を一定に保つ働きがあります。

その働きをしているのが、自律神経です。

 

ただ、急に暑くなったり寒くなったり、昼と夜の温度差が大きくなりすぎたり、日による気温の差が大きくなりすぎたり、気温の変動が激しくなると、体温を一定に保っている自律神経が気温差についていけなくなります

それで、自律神経が乱れてしまう(正常に働かなくなる)のです。

 

自律神経は体温を一定に保つ働きのほかに、心身を活発にしたりリラックスしたりする働きもあります。

基本的に、日中は心身を活発にしてやる気のある状態にし、夜は心身をリラックスして休ませるように働きます。

 

しかし、自律神経が乱れると、夜に心身がリラックスしませんので休むことができません

そうなると、心身ともに疲れてしまいますよね。

それで、なんだかやる気が出なくなってしまうのです。

 

仕事で疲れるとだんだんやる気が出てこなくなりますよね。

それと同じで、自律神経の乱れで心身の疲れが取れなければ、やる気はなかなか出てきません。

 

季節の変わり目にやる気が出ない時の対処法!やる気を出すには?

 

季節に変わり目にやる気が出ないのは、気温差による自律神経の乱れですね。

ということは、気温差がなくなればやる気が出ないのを解消できる、ということになりますね。

 

それで、温かい時は薄着になり、寒い時は厚着になるなどして、体を気温差にさらさないことが大切です。

昼と夜の気温差が大きい時ははおれるものを用意し、寒さを感じたら1枚はおるようにするといいですよ。

 

また、室温の調節も大切になります。

気温に合わせてこまめに温度を調節するようにするといいですよ。

 

そして、自律神経の乱れを整えることも大切です。

自律神経の乱れを整えるには、朝に心身を覚ませ、夜にリラックスさせることが基本です。

朝起きたら太陽の光を浴びて体を動かしたり、冷たい水を飲んだり朝食を食べたりして腸を動かしたりするといいです。

そして、夕方以降はリラックスする音楽を聴いたり、ぬるめのお風呂に長めに入ったりして、心身をリラックスすることが大切ですよ。

特に夜は体を温めることが大切になります。

 

そして、食事にも気を付けることで自律神経を整えることができます。

自律神経を整える食事については別のページで紹介しました。

興味があればそちらをご覧ください。

 自律神経を整える食事!2つのポイントを押さえて毎日快調!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)