インフルエンザ のどが痛い


インフルエンザ のどが痛い について

 

インフルエンザの症状の1つにのどの痛みがあります。

発熱した後にのどの痛みがひどくなることが多いですね。

 

そこで、ここではインフルエンザでのどが痛い時の対処法を紹介します。

 

sick_nodo

 

インフルエンザでのどが痛くなるメカニズム

 

インフルエンザでのどが痛い時の対処法を紹介する前に、メカニズムから紹介します。

 

インフルエンザでのどが痛くなるメカニズムは、風邪でのどが痛くなるメカニズムとほぼ同じです。

インフルエンザも風邪も、のどがウイルスに感染します。

それで、のどが炎症するので痛くなるのです。

 

インフルエンザでのどが痛いときの対処法

 

インフルエンザでのどが痛くなる原因は、のどがウイルスに感染したときに炎症が起こるからです。

ですから、インフルエンザが治り合併症を引き起こさなければ、のどの痛みはおさまります。

 

ただ、のどの痛みに何日も耐えるのはツラいと思いますので、のどの痛みを抑える方法を紹介します。

 

のどの痛みを抑えるには、まずのどが乾燥しないようにすることが大切です。

水分補給をしっかりと行い、部屋が乾燥しないようにして、喉が乾かないようにすることが大切です。

そして、マスクをするとのどの乾燥を防ぐことができます。

また、のど飴などを舐めると、喉を潤すことができるのでのどの痛みを緩和することができます。

のど飴にはのどの炎症を抑える働きがあるものが多いので、さらにのどの痛みを抑えるのに効果的です。

 

そして、のどを温めることも痛みを抑えるのに有効です。

ウイルスは熱に弱く、ウイルスが繁殖するのを抑えることができるので、のどの痛みを抑えることができます。

マフラーやタオルなどでのどを温めると、痛みを抑えることができます。

 

あと、のどの痛みを抑える食べ物や飲み物を摂るのも有効です。

のどの痛みを抑える食べ物の代表的なものは、にんにく、玉ねぎ、長ネギなどのネギ類、ショウガ、レモン、はちみつ、緑茶などです。

 

おすすめは「はちみつレモン」です。

はちみつには、殺菌作用と炎症を抑える作用があります。

そして、レモンには殺菌作用があります。

「レモンのしぼり汁大さじ1杯」と「はちみつ大さじ1杯」をお湯50ccに混ぜて飲むと効果的です。

 

そして、辛い物(トウガラシなど)は、のどを刺激して痛みがひどくなるので、避けるようにすべきです。

また、アイスクリームやかき氷などの冷たいものをのど刺激するので避けるようにすべきです。

inhuruyobou

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)