秋になると眠れない!?その原因と対処法!ぐっすり眠るには?


 

「秋になったら眠れなくなったんだけど、ぐっすり眠れる方法はないかなぁ?」
と、あなたは悩んでいませんか?

夏は暑くて寝苦しい日々が続きましたよね。

それで、秋になってやっと寝苦しい日々が終わった!と思ったら…

なぜか眠れない!?

と悩む人って本当に多いですよね。

 

nemurenai

 

「眠りやすくなったはずなのになんで眠れないんだろう?」
あなたはそんな疑問を持ちませんか?

そして、
「ぐっすり眠れるようになるにはどうしたらいいんだろ?」
と思いませんか?

 

そこで、ここでは秋になると眠れなくなる原因と対処法を紹介します。

 

秋になると眠れなくなる原因

 

まずは結論から。

秋になると眠れなくなる大きな原因は、気温の差です。

 

秋になると、昼と夜の気温の差も大きくなりますよね。

また、温かい日があったり、肌寒い日があったり、日によって気温の差が大きくなったりもしますよね。

そうなると、その気温の差に体がついていけなくなります。

 

すると、自律神経という神経が正常に働かなくなります。

自律神経というのは、心身を活発にしたりリラックスしたりする神経のことです。

それで、自律神経が正常であれは、夜になると心身がリラックスしますので、眠れなくなります。

しかし、自律神経が正常に働かないと、夜になっても心身がリラックスしなくなります。

それで眠れなくなるのです。

 

心身が活発に活動しているときは眠れなくなる、というのは経験したことがあるのではないでしょうか?

テレビなどを見ていて、ものすごく感動をした時に眠れなくなった、なんてことはあると思います。

また、心配事などがある時もなかなか眠れないですよね。

感動的なことがあると、心が興奮して活発になりますし、心配事がある時は心が休まらないですよね。

ですから、眠れなくなりますよね。

 

寒暖差によって自律神経が乱れると、感動した時や心配事がある時と同じように、心身がリラックスできなくなるので、眠れなくなるのです。

 

秋に眠れなくなッた時の対処法!~ぐっすり眠れるようになるためには?

 

秋になると眠れなくなるのは、寒暖差が大きくなることですね。

それで、まずは体を寒暖差から守るようにすることが大切です。

温かい時は薄着をし、肌寒い時は厚着をするようにして、外部の気温の影響をあまり受けないようにすることで、自律神経が乱れるのを防ぐことができます。

 

また、自律神経を正常にすることも大切になります。

 

夜、お風呂に入る時は湯船にゆっくりつかることで、自律神経は正常になります。

また、スマホやパソコンの画面から放たれる光は、脳を覚醒してリラックスするのを妨げますので、眠れなくなります。

それで、せめて寝る3時間前からは、スマホやパソコンをしないようにすべきです。

 

また、朝起きたら太陽の光を浴びて体を動かしたり、朝食を食べたり冷たい水を飲んだりして腸を動かすと、体が目覚めます。

そうすると、日中は活発になりやすくなりますので、夜になるとぐっすり眠れるようになりますよ。

 

ただ、すべてのことを実践するのは難しいと思います。

また、私は自律神経の乱れから不眠になったことがありましたが、それらのことをすべて実践しても全然眠れるようにはなりませんでした。

 

朝に心身を目覚めさせ、夜に心身をリラックスすることが難しかったり、あるいは実践したけど効果を実感できなかった場合、睡眠をサポートするサプリで眠れるようになることがあります。

 

なかでも「月の休息」は、自律神経を整え、そして睡眠に必要な物質を分泌する働きのあるセロトニンを増やすことで、睡眠をサポートするサプリです。



私はこのサプリのおかげでぐっすり眠れるようになりました。

そして、私以外にも多くの人がこのサプリによってぐっすり眠れるようになっています。

ですから、秋になって眠れなくなったけど、ぐっすり眠れるようになって毎朝スッキリ目覚めたい!と思っているあなたにおすすめですよ。

 

「月の休息」を飲み続けたらどうなったのか、私自身の体験談を別のサイトにまとめました。

興味があればそちらをご覧ください。

 睡眠サプリを飲み続けてどうなった?実録体験談を公開!

 





 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)