秋バテの症状、頭痛を解消するポイント~知らないと損する対策!


 

秋バテとは、秋に夏バテと同じような症状が出ることです。

さまざまな症状が出ますが、その一つに頭痛があります。

 

秋になって頭痛が多くなったら、それは秋バテかもしれませんよ。

 

virus_zutsuu

そこで、ここでは秋バテの症状、頭痛を解消するポイントを紹介します。

 

なぜ秋バテで頭痛になるの?

 

まずは、なぜ秋バテによって頭痛が起こるのか紹介します。

 

秋バテの原因は、気温です

 

昼と夜の気温差が大きくなったり、あるいは日によっても気温の差が大きくなりますよね。

ただ、人間の体は気温の変化に左右されることなく、一定に保とうとする機能が備わっています。

その働きを担っているのが自律神経です。

気温が高くなると、自律神経が血管などに作用して、汗を出したり体内の熱を放出したりします。

また、気温が低くなると、自律神経が熱を逃がさないように作用するわけですね。

しかし、気温差が大きくなると、体温を上げたり下げたりする作用をコロコロ変えていかないといけなくなります

そうすると、自律神経が参ってしまうわけですね。

それで、自律神経が乱れます。

 

また、夏と比べると気温が下がったのにもかかわらず、いつまでも薄着のままでいると、体温を維持するのに自律神経が一生懸命になります。

それで、自律神経ががんばりすぎてしまいますので、参ってしまうのです。

そうすると、自律神経が乱れます。

 

自律神経が乱れると、血液の流れが悪くなります。

それで、頭に血液が流れなくなると頭を動かすのに必要な栄養も酸素も運ばれてこなくなるわけですね。

それで、頭痛がするのです。

 

秋バテの症状 頭痛を解消するポイント

 

秋バテによる頭痛を解消するために頭痛薬を飲めば、一時的には効果があるでしょう。

ただ、頭痛の根本原因である自律神経の乱れを解消しないと、頭痛薬の効果が切れた時に再び頭痛がします。

ですから、頭痛薬を飲むのもいいんですが、それと同時に自律神経の乱れを解消する事も大切ですよ秋は

 

秋に自律神経が乱れてバテる原因は、寒暖差です。

夏と秋の気温の差、昼と夜の気温の差、日による気温の差などですね。

それらの気温の差を体にさらさないことが大切です。

寒い時は薄着になる、暑い日は薄着になる、また、いつまでも夏の時の薄着をしていないで秋に適して服装をするなど、気温に適した服装をすることが大切になります。

 

また、睡眠不足やストレスは自律神経が乱れる大きな原因になります。

ですから、ストレスは発散し、毎日ぐっすり眠ることが大切です。

それには、朝はしっかりと体を覚まし、夜は体をリラックスすることが大切です。

お風呂は湯船につかって体の芯まで温めると、ぐっすり眠れるようになりますので、自律神経の乱れを整えることができますよ。

 

そして、食事も非常に大切です。

私も自律神経の乱れで悩んだことがあり、いろいろなことを実践したんですが、その中でも食事は非常に大切ですし、大きな影響を与えると実感しています。

自律神経の乱れを整える食事のポイントは別のページで紹介しました。

興味があればそちらをご覧ください。

 自律神経を整える食事!2つのポイントを押さえて毎日快調!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)