男性更年期障害 予防 食事


男性更年期障害 予防 食事 について

 

更年期障害というと、以前は女性の病気であるというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

しかし、最近は男性にも更年期障害があることが話題になることがありますね。

 

そこで、ここでは男性更年期障害を予防する食べ物について紹介します。

 

a0055_000564

 

男性更年期障害の原因

 

男性更年期障害を予防する食べ物を紹介する前に、男性更年期障害の原因について簡単に紹介します。

 

男性更年期障害は、男性ホルモンの1つ「テストステロン」の分泌が減少することで起こります。

テストステロンは通常、30歳を超えたあたりから減り始めます。

そして、45歳~50歳くらいに男性更年期障害の症状が出てくるのが普通です。

ただ、中には30代で症状が出てきたり、あるいは60代、70代になってから症状が出る人もいます。

男性更年期障害の症状は、抑うつ感や落胆、不安、疲労感、イライラなどの精神的な症状、発汗、ほてり、睡眠障害などの身体的症状が出てきます。

 

という事は、年齢によって分泌が少なくなったテストステロンを、別の方法で増やすことができたり減らすことを防いだりすることができれば、男性更年期障害は防ぐことができる、という事になります。

 

テストステロンを増やす方法は、一つは筋トレをして筋肉量を増やすことです。

また、十分な睡眠を取ることも大切です。

そしてもう一つは、食べ物によってもテストステロンを増やすことができます。

 

テストステロンを増やして男性更年期障害を防ぐ食べ物

 

テストステロンを増やして男性更年期障害を防ぐ食べ物の代表的なものは、にんにく、玉ねぎ、長ネギなどのネギ類です。

特に玉ねぎは、マウス実験の段階ですが、テストステロンが大幅に増やす働きがあることが確認されています。

1日あたり玉ねぎを1/2個食べると、男性更年期障害の予防になる、と言われています。

 

その他、牡蠣(亜鉛)、牛肉(亜鉛、たんぱく質)、鶏肉(たんぱく質)、大豆製品(たんぱく質)、卵(たんぱく質)、ブロッコリー、キャベツ(ホルモンバランスを整える)などが、テストステロンを増やすのに効果的な食べ物だと言われています。

 

逆に、テストステロンを減らすのは、脂肪です。

肥満の方はテストステロンの分泌が少ない傾向があることが分かっています。

ですから、特に肥満気味の方は脂肪の摂りすぎに注意が必要です。

そして、お酒もテストステロンの分泌を減らすと言われています。

テストステロンは睡眠中に分泌されますが、お酒を飲むと睡眠の質が悪くなるので、テストステロンの分泌に悪影響と言われています。

 

男性更年期障害を緩和するには、食べ物は非常に大切だと言われています。

ですから、普段から気をつけたいものですね。

 

ただ、栄養の事を考えならが食事を選ぶのってなかなか大変ですよね。

「このメニューは玉ねぎが入ってるから、食べよう!」
なんて、気休め程度のことは簡単にできるかもしれません。

しかし、本格的に食事を変えるのは、なかなか難しいですよね。

 

そこで、男性更年期障害を改善するのに効果的な栄養素が凝縮されているサプリなら、手軽に摂れますのでおすすめです。

「更燃王(コウネンキング)」は、テストステロンを増やす成分が凝縮されているサプリです。

それで、実際に飲んだ人の多くが
「やる気も活力も違いを実感しています!」
などと満足しているんですよ。

 

男性更年期によるつらい症状を解消して、毎日元気に過ごしたい
と思っているあなたに「」はおススメです。

 

詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

 ≪更燃王 コウネンキング≫詳しくはこちら



 





 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)