秋に肌がかゆみがでる3つの原因と対処法!


 

「秋になると肌がかゆくて、我慢できなくなるんだけど、なんとかならないかなぁ?」
と、あなたは悩んでいませんか?

かゆみがおさまらないと、ダメだとわかっていてもかきむしってしまいますよね。

それで、ますますかゆみがひどくなることってありますよね。

実際に秋になるとかゆみがひどくなる、と悩んでいる人ってたくさんいますよね。

 

kayui

 

そこで、ここでは秋に肌のかゆみがでる原因と対処法を紹介します。

 

秋に肌のかゆみが出る3つの原因

 

秋に肌のかゆみが出る原因は以下の通りです。

 

 肌の乾燥

秋は夏と比べると空気が乾燥します。

それで、肌が乾燥しやすくなります。

また、夏の強い紫外線で肌がダメージを受けていて、肌が乾燥しやすくなっている場合もあります。

保湿クリームなどを使って肌をしっかりと保湿すると同時に、栄養バランスの取れた食事も大切になります。

 

 アレルギー

花粉症は春だけではなく、秋にもあります。

ヨモギやブタクサといった草の花粉が秋に飛びます。

また、秋はダニの死骸が増えますが、ダニの死骸もアレルギーの原因となります。

これらのアレルゲンがかゆみの原因になります。

花粉を家に入れないようにしたり、布団やソファ、カーペットのダニをきれいに掃除したり、花粉やダニに対してしっかりと対策をする必要があります。

それに加えて、保湿クリームを使ったり、栄養バランスのとれた食事をしたりして、肌を保湿することが大切です。

 

 自律神経の乱れ

秋は朝と晩の気温の差が大きくなります。

また、日によっても気温の差が大きくなります。

その気温の差が大きくなると体がついていけなくなって、自律神経が乱れます。

すると、肌にかゆみが出てきてしまうのです。

 

秋の肌のかゆみを解消するには?

 

秋の肌のかゆみを抑えるには、かゆみの原因を取り除くことが大切です。

かゆみ止めの薬で抑えるのもいいんですが、原因を取り除いていないと薬の効果が切れた時に再びかゆくなります。

それで、薬を飲み続けないとかゆみを抑えることができない、という事になります。

ですから、かゆみ止めを使うのであれば、それと同時にかゆみの原因を取り除くことも大切ですよ。

 

自律神経の乱れ以外は、上で対策を紹介しましたので、参考にしていただければと思います。

 

さて、秋に自律神経の乱れを整えるポイントはこちらで紹介します。

秋に自律神経が乱れるのは、気温の差ですね。

それで、自律神経の乱れを整えるには、体が感じる気温の差をできるだけ小さくすることが大切になります。

寒い時は厚着をするなどして体を寒さにさらさないようにし、暑い時はできるだけ薄着をして体が暑さを感じないようにすることが大切です。

 

そして、食事も非常に大切になります。

自律神経の乱れを整える食事のポイントは別のページで紹介しました。

興味があればそちらをご覧ください。

 自律神経を整える食事!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)