夏なのに冷え性!?足先が冷える原因と対処法!


 

「夏で暑い日々が続いているのに、肩が冷えてツラいんだけど、なんとかならないかなぁ?」
と、あなたは悩んでいませんか?

夏の暑い日に冷え性で悩む人ってかなり多いですよね。

「暑いのになんで冷え性に??」
と、疑問に思うことってありませんか?

 

samui_woman

 

そこで、ここでは夏に足先が冷える原因と解消法を紹介します。

 

夏の冷え性で足先が冷える原因

 

まずは冷え性の原因について簡単に紹介します。

冷え性の原因は、体の内側が冷えることです。

外から温めても体の内側が冷たいと、冷え性でつらい思いをします。

体の外側から温めて体の内側まで温めることもできるんですが、基本的に体の内側の冷えを解消しないと、冷え性のつらい症状が出ます。

ですから、夏で暑い日が続いているからといって、冷え性でつらい思いをしてしまうのです。

体の外側から温めれば冷え性の症状は緩和できますが、それでも冷えを感じることはあります

 

体の内側が冷えるのは、内臓や筋肉が熱を作り出すことができなくなっているか、血液の流れが悪くなっているか、のどちらかです。

体の熱は内臓や筋肉などで作られます。

しかし、熱を作り出すのに必要な栄養素(炭水化物、脂質、ビタミンB群など)が不足すると、熱を作り出すことができないですよね。

また、内臓や筋肉の働きが悪かったり、あるいは筋肉量が少ないと、作り出される熱が少なくなりますよね。

そして、血液の流れが悪いと熱を運ぶことができなくなります。

それで、冷えを感じるんです。

 

夏は気温が高く、体の外側から温められますので、冷え性の症状を自覚しないことが多くなります。

しかし、冷房の効いた部屋にいると、外側からさほど温められなくなります。

また、職場などによっては冷房が効きすぎていることもあると思います。

そうなると、冷え性の症状を自覚するようになるのです。

それに加えて、冷房の効いた部屋に長時間いると、血液の流れが悪くなります。

また、暑い外と涼しい室内の出入りを繰り返すと、寒暖差に体がついていけなくなりますので、自律神経が乱れ、血液の流れが悪くなることもあります。

そうなると、冷え性がひどくなりますよ。

また、暑いからといって冷たい物ばかり食べていたりすると、体がさらに冷えます。

そして、冷たいものをたくさん食べたせいで腸の調子が悪くなると、自律神経が乱れますので、血液の流れが悪くなり、冷え性がひどくなります。

 

それで、足先が冷えやすいのは、心臓から遠く、また重力の影響もあって、血液の流れが悪くなりやすいからです。

さらに、座りっぱなしや立ちっぱなしなど同じ姿勢が長時間続いて脚を動かさないと、ますます血液の流れが悪くなりますので、足先の冷えがひどくなりますよ。

また、足先は冷房による冷えの対策を怠りがちなのも冷えやすい原因ではないか、という指摘があります。

足先は上半身と違って気軽に重ね着ができませんよね。

そういうこともあって冷えやすいのでは?という指摘もあります。

 

夏の冷え性で足先の冷えを解消するには?

 

夏の足先の冷えを解消するには、足の血液の流れを良くする必要があります。

 

足の血液の流れを良くするには、足をなるべく頻繁に動かすようにするといいです。

仕事中であれば、タイミングを見計らって足をぶらぶらしたり、小刻みに動かすことで、冷えを緩和できることが多いです。

 

そして、冷房の効いた部屋では、できれば冷え取り靴下などを履いたほうがいいです。

また、足先だけではなく、ふくらはぎや太ももなども冷房によって冷えないようにすることも大切ですよ。

 

そして、冷たいものは、あまり飲んだり食べたりしないほうがいいです。

水分補給はできるだけ体温以上の温度のものを飲んだほうがいいです。

食事はなるべく温かいものを食べたほうがいいです。

ただ、暑い時に温かいものを食べるのはちょっとツラいと思いますので、せめて冷えていないものを食べるようにしたほうがいいです。

アイスクリームやかき氷など、冷たい食べ物は避けるべきですよ。

 

そして、適度な運動をしたり栄養バランスの取れた食事をするなどして、血液の流れを良くすることも大切ですよ。

運動はウォーキングがおすすめです。

朝方や夕方の少しは気温が下がった時に、ウォーキングすることをおススメします。

また、血液の流れを良くする食べ物でおすすめは、ネギ類(長ネギ、玉ねぎ、にんにくなど)です。

ちょっとにおいが気になるものばかりですが、血液をサラサラにしたり、酸化を防いだりして血液の流れを良くしてくれますよ。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)