インフルエンザに大人がなった時、外出はどれくらい控えるべきか?


インフルエンザ 大人 外出 について

 

大人がインフルエンザになった時、ウイルスが体内からなくなるまでは外出を控えるべきです。

そうしないと、他の人にインフルエンザをうつしてしまいます。

 

では、その期間は具体的にどれくらいなのでしょうか?

doctor

インフルエンザに大人がなった時、外出を控える期間とは?

 

大人がインフルエンザを発症してから、外出を控えるべき期間は、7日間が目安になります。

 

インフルエンザウイルスに感染してから発症するまでは、1日~2日間くらい(長くても3日)です。

それから、3日~5日間くらい熱などの症状が続きます。

その後、症状は治まってきます。

ただ、症状が治まったからといって、発症から7日間くらいはウイルスが潜伏しています。

場合によっては、発症してから10日間くらいウイルスが潜伏していることもあります。

 

それで、ウイルスが体内に潜伏している期間は外出を控えるべきです。

 

インフルエンザウイルスが潜伏していないか、病院で検査してもらい、潜伏していないことを確認してから外出をするようにするのが理想です。

ですから、インフルエンザ発症から7日経過後、病院で検査をしてもらったほうがいいです。

 

さて、大人がインフルエンザになった場合、子供と違って出勤停止(就業禁止)が法律で定められているわけではありません。

それで、会社によっては就業規則でインフルエンザになったとき、出勤停止期間が定められています。

ですから、インフルエンザになった時は、会社に出勤停止期間が定められているのか、確認する必要があります。

 

出勤停止期間などが定められていない場合、病院でウイルスが潜伏していないことを確認するまでは出勤しないほうがいいです。

ただし、会社のルールや慣習などを破ってまで休むのは難しいのではないでしょうか?

インフルエンザになった時に出勤停止期間が定められているのかを確認することはなかなかないと思います。

ですから、インフルエンザになった時には、上司などと相談したうえで、どれくらい経ったら出勤するかを決めることになると思います。

 

ただ、どれだけの期間休むのか、個人で自由に決めることができるのであれば、病院で検査してもらってウイルスが潜伏していないことを確認してから、出勤すべきです。

目安は発症してから7日後、解熱してから2日後です。

 

学童生徒は、「発症してから5日を経過し、さらに解熱した後に2日以上経過するまで」学校に出席できない、と定められています。

これを参考にするといいと思います。

インフルエンザウイルスの潜伏期間や治るまでの期間は子どもと大人とでは大きな差はありません。

inhuruyobou

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)