寝起きに吐き気がする原因はストレス!?知らないと損する解消法!


 

「寝起きにいつも吐き気がするんだけど、なんとかならないかなぁ?」
と、あなたは悩んでいませんか?

朝はスッキリ目覚めたいものですが、吐き気がするとなんだかイヤな感じですよね。

 

前日に食べ過ぎたことで、翌朝の寝起きに吐き気がすることがあります。

しかし、食べ過ぎていないのに寝起きに吐き気がする場合もありますよね。

その原因はストレスである可能性が高いです。

特に毎朝のように寝起きに吐き気を感じる場合は、その原因はストレスの可能性が高くなります。

そこで、ここではなぜストレスによって寝起きが吐き気をするのか、そして、解消するにはどうしたらいいのか、紹介します。

 

virus_oetsu

 

ストレスで寝起きに吐き気がする原因

 

ストレスなどによって、胃が痛くなったり下痢になったりしたことは多くの人があると思います。

それは、ストレスによって自律神経が乱れるからです。

自律神経は内臓の働きを調節する神経です。

内臓が休んだり活発に動いたりするのは、自律神経が作用するからなんです。

 

それで、ストレスによって自律神経が乱れると、胃腸を休ませるべきところで活発に働いてしまいます。

そうすると、胃に食べ物がないのに胃酸がたくさん分泌されてしまうんです。

それで、吐き気を感じてしまうのです。

 

また、自律神経の乱れによって、胃腸が正常に働かなくなることがあります。

すると、食べ物が胃腸の中にあるにもかかわらず、きちんと消化されなくなるのです。

そうなると、いつまでも胃の中に食べ物が残りますので、吐き気を感じてしまうのです。

 

ここまでを簡単にまとめると、ストレスによって自律神経が乱れ、胃腸の働きがおかしくなるので、寝起きに吐き気を感じる、という事になります。

 

ストレスが原因で寝起きに吐き気がする場合、同時に下痢や便秘になっていることが多いです。

 

ストレスが原因の寝起きの吐き気を解消するには?

 

ストレスが原因で寝起きに吐き気がするのを解消するには、ストレスを発散する必要があります。

とはいっても、それはなかなか難しいですよね。

 

寝起きに吐き気がするのは、自律神経が乱れているからです。

ですから、自律神経の乱れを整えるようにするといいですよ。

 

自律神経の乱れを整えるには、朝に体を目覚めさせ、夜にはリラックスすることが大切です。

 

朝起きたら太陽の光を浴び、体を動かし、そして朝食をしっかり食べると体が覚めます。

吐き気がする場合は、体を動かしたり朝食を食べたりするのが難しいと思います。

そんな時でも、せめて冷たい水を飲んで胃腸を適度に刺激するといいですよ。

 

そして、夜になったらリラックスする音楽を聴いたりすると心身がリラックスします。

 

また、自律神経の乱れを整えるには、食事も非常に大切になります。

私も自律神経が乱れてツラい思いをしたことがありますが、乱れを整えるのに食事の影響が非常に大きかったと思います。

 

自律神経の乱れを整える食事は、別のページで紹介しました。

興味があれば、そちらをご覧ください。

 

 自律神経を整える食事!2つのポイントを押さえて毎日快調!

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)