立ちくらみと吐き気が同時に起こる原因と対処法!


 

「立ちくらみと同時に吐き気もする事がよくあるんだけど、なんとかならないかなぁ?」
と、あなたは悩んでいませんか?

立ちくらみと吐き気が同時に起こると本当にツラいですよね。

 

そこで、ここでは立ちくらみと吐き気が同時に起こる原因と対処法を紹介します。

 

a0001_014018

 

立ちくらみと吐き気が同時に起こる原因

 

立ちくらみは、脳に血液が流れなくなることで起こります。

そして、吐き気は主に胃腸の調子が悪くなることで引き起こされます。

この2つが同時に起こる主な原因は、自律神経の乱れです。

 

自律神経は、血液の流れや内臓の動きをコントロールしています。

血液の流れを良くしたり抑えたり、内臓を活発に動かしたり休ませたりするのは、自律神経です。

それで、自律神経が乱れると、血液の流れをコントロールできなくなります。

そうすると、脳が血液を必要としているときに、脳に血液を流してくれなくなるんです。

すると、脳が血液不足になりますので、立ちくらみが起こります。

 

そして、自律神経の乱れによって、食べ物が胃に入っているのにもかかわらず消化しないことがあります。

それで、消化不良と同じようなことになるので、吐き気がするのです。

 

立ちくらみと吐き気が同時に起こる時の対処法

 

立ちくらみと吐き気が同時に起こる主な原因は、自律神経の乱れですね。

ですから、自律神経の乱れを整えれば、立ちくらみと吐き気が起こらなくなります

 

自律神経は、昼は心身ともに活発にし、夜は心身ともにリラックスするよう作用します。

それで、朝になったら体を覚ませ、夜になったらリラックスさせることで、自律神経が整います

 

朝食を食べたり、冷たい水を飲んだりすれば、胃腸を動かしますので体が覚めます。

また、体を動かせば、体が覚めます。

そして、太陽の光を浴びれば体は朝が来たことを認識できます。

ですから、朝に太陽の光を浴びながら軽く運動をするといいですよ。

 

また、夜はあまり激しい運動をしないようにし、リラックスする音楽を聴いたりアロマをしたり、体をリラックスさせるといいです。

あと、睡眠はしっかり取る事も大切ですよ。

 

また、ストレスは自律神経が乱れる大きな原因になります

ですから、ストレスは極力ためないようにして発散することが大切ですよ。

 

あと、食事内容も自律神経を整えるには大切です

ビタミンCなどが不足するとストレスに弱くなって自律神経が乱れやすくなります。

また、ビタミンB群は自律神経に直接作用して整える働きがあります。

そして、腸と自律神経は密接な関係がありますが、食物繊維などをしっかり摂って腸の調子を良くすることで、自律神経を整えることができますよ。

 

自律神経を整える食事については、別のページで紹介しました。

興味があればそちらをご覧ください。

 自律神経を整える食事!2つのポイントを押さえて毎日快調!

 

立ちくらみと吐き気が同時に起こるのは重大な病気が隠れているかも?

 

立ちくらみと吐き気が同時に起こる原因は、自律神経の乱れであることが多いです。

ただ、時として大きな病気が隠れていることもあります。

「椎骨脳底動脈循環不全(ついこつのうていどうみゃくじゅんかんふぜん)」など、脳の病気で立ちくらみと吐き気が同時に起こることもあるんです。

心配であれば、一度病院で診てもらったほうがいいでしょう。

まずは内科で診てもらうといいですよ。

内科で対応できない場合は、専門医を紹介してくれるはずです。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)