自律神経を整える食事!2つのポイントを押さえて毎日快調!


 

自律神経が乱れると、イライラしたり、眠れなくなったり、集中力がなくなったり、本当に様々な症状が出てツラいですよね。

「こんなつらい日々から解放されたい!」
あなたはそう思いませんか?

 

utsu_man

自律神経の乱れを整える方法はいろいろなことが言われています。

私も自律神経の乱れで悩んでいたことがあるんですが、さまざまなことをしてきました。

朝、太陽の光を浴びながらウォーキングをしたり、夜はアロマをしたり、また、自律神経を整えるというストレッチをしていたこともあります。

まあ、いろいろなことをしてきたんですが、自律神経の乱れを整えるのにもっとも重要なことは食事だという事を実感したんです。

食事内容は大きく変えるのは難しかったんですが、2つのポイントを押さえることで自律神経の乱れを整えることができたんです。

 

そこで、ここでは自律神経の乱れを整える食事の2つのポイントを紹介します。

 

自律神経の乱れを整える食事の2つのポイント

 

自律神経の乱れを整えるために、食事で最も重要なことは腸の調子を整えることです。

 

腸と自律神経は密接な関係にあって、腸の調子が悪いと自律神経は乱れやすくなります。

また、自律神経が乱れると腸の調子が悪くなります。

 

ストレスが原因で下痢や便秘になることがあります。

それは、ストレスのせいで自律神経が乱れるために腸の調子が悪くなるからです。

逆に冷たい水を飲み過ぎるとバテますよね。

それは、冷たい水のせいで腸の調子が悪くなり、自律神経が乱れるからです。

体温以上の温度の水をどれだけ飲んでも下痢にもなりませんし、バテることもないんですが、冷たい水を大量に飲むと腸に悪影響を与えます。

 

それだけ、自律神経と腸は、密接な関係にあるのです。

それで、腸の調子を良くすれば、自律神経を整えることができるのです。

 

自律神経の乱れを整えるのに、朝起きたら水を飲んだり、朝食を食べたりすると良い、と言われるのは、腸に適度な刺激を与え動かすためです。

そうすると、腸が正常に働くようになり調子が良くなりますので、自律神経を整えることができる、という事になるんです。

それ以外にも、食物繊維、乳酸菌などは腸の調子を良くする働きがありますので、自律神経を整えるのに効果的ですよ。

 

 

もうひとつのポイントは、ビタミン、ミネラルです。

どのビタミン、ミネラルも直接的、間接的に自律神経に影響を与えますので、バランスよく摂ることが大切です。

その中でも特に大切なのが、ビタミンB群(特にビタミンB1)、ビタミンC、カルシウムの3つです。

 

ビタミンB群は、神経的なビタミンとも言われています

不足すると、イライラしたり集中力が欠けたり、精神的に不安定になります。

そして、ストレスが加わるとビタミンB群を大量に消費してしまいます。

それで、精神的に不安定になりやすくなるのです。

ですから、自律神経を整えるためにはビタミンB群は欠かせないです。

 

またビタミンCは、ストレスに対抗するホルモンの分泌に欠かせません

ビタミンCが不足すると、ストレスによって自律神経が乱れやすくなるのです。

ですから、ストレスから自律神経を守るためにも、ビタミンCは欠かせないのです。

 

また、カルシウムはイライラを鎮める働きがあります

不足すると精神的に不安定になりやすく、自律神経が乱れやすくなります。

ただし、最近の研究で、血液中のカルシウムが不足しても骨を溶かして補うので、直ちに精神的不安定につながるものではない、ということが分かっています。

カルシウム不足によって精神的に不安定になる前に、骨粗鬆症になるという事なんです。

ただ、カルシウムの働きを考えれば、自律神経の乱れを整えるために取っておいたほうがいいのではないか、と思います。

 

 

ここまでをまとめます。

自律神経の乱れを整える食事の2つのポイントは、
腸の調子を整える(食物繊維か乳酸菌)
ビタミン、ミネラル(特にビタミンB群、ビタミンC、カルシウム)を補う
です。

 

食物繊維は、特に野菜類にたくさん含まれています。

乳酸菌は、ヨーグルト、納豆などの発酵食品に含まれるほか、食物繊維にも腸内の乳酸菌を増やす働きがあります。

ビタミンB群は、豚肉、うなぎ、さば、大豆などにたくさん含まれています。

ビタミンCは、多くの野菜、果物に含まれています。

カルシウムは、乳製品や魚類のほか、海藻類や緑黄色野菜にも含まれています。

 

自律神経を整える栄養素を手軽に補うには?

 

自律神経の乱れを整える栄養素等で特に大切なのが、食物繊維、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、という事になります。

これらが不足しないようにするには、結局はバランスのとれた食事をする必要がある、という事になってしまいますよね。

ビタミンB群は、主に肉や魚などに含まれます。

ビタミンC、食物繊維は主に野菜に含まれています。

カルシウムは、乳製品、魚、緑黄色野菜などに含まれます。

ですから、肉類・魚類・野菜類をバランス良く食べる必要がある、という事になりますね。

 

でも、食事を変えるのってなかなか難しいと思いませんか?

 

私は単身赴任で一人暮らしをしていますが、ほとんど自炊をすることなく、出来合いの総菜やコンビニなどの弁当、外食ばかりです。

自炊をしないと、食生活を変えるのはかなり難しいです。

また、自炊をしていても、食事を変えるのはなかなか難しいということを聞きます。

 

そこで、私が食事内容をあまり変えずに、自律神経を整える栄養素を摂った方法を紹介します。

その方法とは…

青汁を飲むことです。

青汁は、緑黄色野菜からできています。

ですから、食物繊維、ビタミンC、カルシウムが豊富に含まれています。

また、大麦若葉や明日葉にはビタミンB群が含まれていますので、それらが原料の青汁にはビタミンB群が含まれているんです。

その他のビタミン、ミネラルも豊富に含まれていますので、自律神経の乱れを整えるのに、おすすめですよ。

 

実際に、私が青汁を飲み始めてから、イライラしたり気分が落ち込んだりすることがなくなりましたよ。

 

青汁のなかでも、栄養が豊富だという事で話題になっているのが、サンスター「粉末青汁」です。

01syukusyo

5種類もの原料(ケール、大麦若葉、明日葉、ブロッコリー、モロヘイヤ)から作られていますので、豊富な栄養をバランスよく摂ることができるんですよ。

そして、味もマズくはないです。

「青汁はマズい!」というイメージがあるかもしれませんが、この青汁はマズくはないので、イヤになることもないでしょう。

 

私もこの青汁を飲み続けていますが、自律神経が乱れることはもうなくなりましたよ。

happy_man6

 

自律神経の乱れを整えて、毎日スッキリした気分で過ごしたい!
そう思っているあなたに、サンスター「粉末青汁」はおすすめです!

 

詳しくは下のリンクをクリックすると確認できます。

 サンスター「粉末青汁」詳しくはこちら


 





 

参考サイト:野菜不足は青汁で簡単に解消できるってホント?

 

※あくまで個人の経験を基にした見解であって、効果を保証するものではありません。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)