大人が夏風邪で喉が痛い時の対処法!知らないと損する対処法!


夏風邪の症状はいろいろありますが、その一つに「喉(のど)が痛い」というのがありますね。

そこで、ここでは夏風邪でのどが痛い時の対処法を紹介します。

 

a0002_007507

夏風邪でのどが痛い時の対処法

 

夏風邪で喉が痛くなるのは、ウイルスが喉に感染し炎症が起こるからです。

それで、喉の痛みを解消するには、ウイルスを退治して夏風邪を治す必要があります。

早く夏風邪を治すようにしましょう。

 

夏風邪を治すには、できるだけ安静にしていることが大切です。

最低でも水分補給はしっかりとし、できるだけ栄養を摂るようにすれば、少しでも早く治すことができますよ。

 

あと、夏風邪のウイルスは冬の風邪のウイルスと違い、高温多湿を好みます。

ですから、特に布団などはできるだけ乾燥させ、室内はクーラーなどを使って温度を下げ、除湿するなどして、高温多湿にならないようにすることが大切ですよ。

 

「風邪をひいたら汗をかくと良い!」と言われることがありますが、これは全く根拠がありません。

汗をかかない程度まで室温を下げて、少しでも安静にできるようにしたほうが、早く治りますよ。

ただし、温度を下げ過ぎると免疫力が下がって夏風邪が治るのが遅くなりますので、寒いと感じたら室温を上げるようにしてください。

 

 

喉の痛みは、我慢できるのであれば特に対処する必要はありません

ただ、痛くて安静になれないのであれば、のどの痛みを緩和したほうがいいです。

 

トローチやのどの痛みを緩和する風邪薬などを飲めば、手っ取り早くのどの痛みを緩和することができますよね。

「喉の痛みを薬で抑えたら、夏風邪が治るのが遅くなる。」
と言われることがあります。

しかし、喉が痛くて我慢できず安静になれないほうが、夏風邪が治るのが遅くなります。

決められた用量・用法さえ守っていれば、夏風邪の治るのがそれほど遅くなることもありませんので、薬は上手に活用するといいですよ。

 

また、喉を乾燥させないことも大切です。

マスクをしていれば喉の乾燥を防ぐことができます。

また、のど飴も喉の乾燥を防ぎますし、蒸気を吸い込むのも有効です。

そして、はちみつも喉に潤いを与え痛みを抑えるのに効果的です。

はちみつをお湯に溶かして(小さじ1杯のはちみつにお湯100ccくらい)飲むといいですよ。

はちみつはのどの炎症を抑える働きもありますので、のどが痛い時にはおすすめです。

 

また、のどが痛くて水を飲むのもつらい場合も、はちみつをお湯に溶かしたものを飲むと、水分補給になります

はちみつであれば、水を飲むのと比べるとそれほどつらくはないですよ。

 

あと、夏風邪の場合、ネックウォーマーを使ったりネギをのどに巻いたりするのは、やめたほうがいいです。

首が熱くなって寝苦しくなり、治るのが遅くなる恐れがあります。

それらは、冬の風邪の治療法としてはいい方法ですが、夏風邪の治療には適さないです。

ネギは食べてものどの痛みを緩和する効果がありますので、喉がつらくなかったら食べたほうがいいですよ。

ただ、ネギは喉を刺激するので、水を飲むのもつらいのであれば、やめておいたほうがいいですね。

 

大人が夏風邪を防ぐには?

 

夏風邪にならないように、予防することも大切ですね。

 

夏風邪を予防するには、まずうがい、手洗いはしっかりとすることが大切です。

 

そして、免疫力を高めることも非常に大切になります。

適度な運動と充分な休息を取ることが大切です。

そして、栄養バランスのとれた食事を摂る事も大切ですよ。

 

免疫力を高くする食事は、別のページで紹介しました。

是非参考にしていただければと思います。

 免疫力を高める食事とは?~知らないと損する健康法!

kazeyobou

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)