内臓型冷え性を改善する食事の3つのポイント!


 

最近、内臓型冷え性が話題になっていますね。

文字通り、内臓が冷えることでさまざまな悪影響を体に及ぼしてしまうんです。

免疫力が低下して風邪などの病気になりやすくなったり、疲れやすくなったり、常に体がだるかったりするんですよ!

ですから、内臓型冷え性をなんとか解消したいですよね。

 

unhappy_woman5

そこで、ここでは内臓型冷え性を改善する食事のポイントを紹介します。

 

内臓型冷え性の原因

 

まずは、内臓型冷え性の原因を簡単に紹介します。

 

内蔵は、主に筋肉で作られた熱が血液によって運ばれることで温められます。

しかし、筋肉で熱が作られなくなったり、あるいは血液の流れが悪くなって熱が運ばれてこなくなると、内臓が冷えてしまうんです。

という事は、
・筋肉量が少ない
・血液の流れが悪い
の2つが内蔵型冷え性の主な原因になります。

 

それで、特に最近問題になっているのが、自律神経の乱れによる内臓型冷え性です。

自律神経は血液の流れをコントロールしています。

それで、自律神経が乱れると血液の流れが悪くなります

すると、筋肉で作られた熱を内臓に運ぶことができなくなるので、内臓が冷えてしまいます。

 

自律神経が乱れる主な原因は、ストレス、睡眠不足、不規則な生活などです。

あと、気温によっても自律神経が乱れることがあります

自律神経は、外部の温度(気温、室温)によって体温が変化しないように調整する働きがあります。

それで、寒暖差が激しくなったり、限度を超えて暑くなったり寒くなったりすると、自律神経がついていけなくなります。

そうなると、自律神経が乱れてしまうんです。

季節の変わり目や夏の暑い日、冬の寒い日に内臓型冷え性になるのであれば、気温などのの影響で自律神経が乱れることが原因になります。

 

内臓型冷え性のチェック方法

 

内臓型冷え性なのかをチェックする簡単な方法は2つあります。

 

 「みぞおち」と「おへその下」の温度差

みぞおちとおへその下を手で直接触ります。

その時に、みぞおちのほうが冷たかったら、内臓が冷えている証拠ですので、内臓型冷え性の可能性が高いです。

 

 体温を測定

10分以上測定できる体温計で体温を測ります。

最近の体温計は10分以上測れないものがありますので、きちんと10分以上測れるか確認する必要があります。

その時に、体温が36.3℃以下なら内臓型冷え性の可能性があります。

 

内臓型冷え性を改善する食事のポイント

 

内臓型冷え性を改善するには、冷たい食べ物を避け、そして、体を動かすことが大切だ、と言われています。

冷たいものを食べると、内臓を直接冷やすのでますます冷えがひどくなります。

そして、体を動かすと筋肉で熱が作られ、血液の流れも良くなるので、熱を内臓まで運ぶことができるようになります。

 

それらのことも非常に大切ですが、食事も内臓の冷えに大きな影響を及ぼします

そこで、ここでは内臓型冷え性を改善する食事のポイントを紹介します。

 

内臓型冷え性の原因は、主に自律神経の乱れが原因ですね。

そこで、ここでは自律神経の乱れを改善する食事の3つのポイントを紹介します。

 

内臓型冷え性を改善する食事のポイント(自律神経の乱れを解消するポイント)

 ビタミン・ミネラル不足を解消する

各種ビタミン、ミネラルには、神経の働きを正常にしたり、ストレスから体を守ったりする働きがあります。

特に、ビタミンB群は、神経の働きを正常にするのに重要な栄養素です。

各種ビタミン、ミネラルの不足を解消することで、自律神経の乱れを整え、正常に働くようになりますよ。

 

 アミノ酸(たんぱく質)

各種アミノ酸には、自律神経をコントロールする働きがあります。

また、ストレスから体を守る副腎皮質ホルモンの分泌を助けます。

 

 温かい食べ物

温かい食べ物は直接内臓を温めます。

特に腸を温めることで、腸の調子を整え、自律神経を整えてくれるんです。

自律神経は腸の周りにたくさんあります。

ですから、腸の調子が悪くなると自律神経が乱れます。

それで、腸を温めて調子を良くすると、自律神経の乱れが整います。


 

ようは、栄養バランスの取れた食事が大切だという事ですね。

そして、体を温める食事をすることも大切だという事ですね。

 

ただ、これらのポイントをすべて考慮した食事をするのは、ちょっと難しいのではないでしょうか?

 

そこで、自律神経に直接働きかけて、乱れを整え、内臓型冷え性を改善するのに効果的な食材があります。

それは、にんにくです。

にんにくには自律神経に直接作用して乱れを整える働きがあります。

また、にんにくには血液をサラサラにして流れを良くする働きがありますし、体を温める働きもありますから、内臓型冷え性にはおすすめです。

 

ただ、にんにくを食べると口がくさくなりますよね。

それは何とか避けたいと思いませんか?

 

それでおすすめなのが、にんにく卵黄のサプリメントです。

売上日本一の健康家族の「伝統にんにく卵黄」は、においが全く気になりません。

そして、原料から製法までこだわっていますので、高品質なんですよ。

 

ちなみに、卵黄はビタミンC以外の栄養素はほぼすべて含まれています。

そして、にんにくにはビタミンCが含まれています。

ですから、自律神経の乱れを整え、内蔵型冷えを改善するのに必要な、ビタミン、ミネラル、アミノ酸のほぼすべてを摂ることができるんです。

 

ですから、内臓型冷え性を解消するのに、「伝統にんにく卵黄」はおすすめです!

 

happy_woman6

詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

 【売上日本一!!】<<健康家族>>の「伝統にんにく卵黄」詳しくはこちら

 

にんにく卵黄

 

参考サイト:にんにく卵黄を飲み続けたらどうなった?実録体験談を公開!

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)