ノロウイルス 洗濯 布団


ノロウイルス 洗濯 布団 について

 

「ノロウイルスになった時に布団におう吐してしまったんだけど、その布団はどのように消毒したらいいんだろう?」
と、悩んでいませんか?

ノロウイルスの時に布団におう吐したら、しばらくノロウイルスが布団の中に潜伏しています。

ですから、きちんと消毒しないと他の家族が感染する恐れがあります。

ノロウイルスに感染した本人は免疫ができますので、しばらく(約6ヶ月~2年)は発症しないですけどね。

 

そこで、ここではノロウイルスが潜伏している布団の洗濯方法、消毒方法を紹介します。

umou_buton

 

ノロウイルスが潜伏している布団を洗濯するポイント

 

まず、ノロウイルスは人間の体内でしか増殖することができない、と考えられています。

正確には、ヒトノロウイルスになりますけどね。

犬や猫など人間以外の動物に感染するノロウイルスは種類が違います。

今後、このページではノロウイルスといえば、ヒトノロウイルスのことを指します。

 

話を戻しますが、ノロウイルスは人間の体内でしか増殖せず、布団の中で増殖することはできないので、放置しておけばそのうちノロウイルスがいなくなると考えられます。

ただ今のところ、体外に出てから、どのような環境でどれくらいの期間感染力を持ち続けるか、はっきりとしていませんが、水の中なら最低でも1ヶ月は感染力があるだろう、と言われています。

 

つまり、布団の中であっても、恐らく数ヶ月放置しておけば、ノロウイルスは死滅(正確には不活化)してしまうだろう、と考えられます。

 

ただし、多くの家庭では、数か月間布団を人から隔離して放置することは難しいと思います。

しかも、数ヶ月というのはあくまで予測で、本当に布団の中で数ヶ月で不活化するのか、よくわかっていません。

 

そこで、布団からノロウイルスを消毒することを考える必要があるわけですね。

 

ノロウイルスは、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤に含まれる成分)か、85.1℃以上の熱を1分以上加えることで消毒することができます。

 

それで、天日干ししても布団の温度は85.1℃まで上がりません。

実験によると、真夏の快晴の日で60℃くらいまでしか温度が上がらなかったそうです。

ですから、天日干しでノロウイルスを消毒することはできません

 

それで、漂白剤や熱湯で布団の中までしっかり消毒すれば、ノロウイルスを消毒することができるはずです。

 

家庭用の一般的な塩素系漂白剤は次亜塩素酸ナトリウムの濃度が約5%(商品によって違う恐れあり)ですが、50倍に薄めて濃度0.1%(1,000ppm)にして布団にしみ込ませるといいはずです。

500mlのペットボトルに水を入れて、そして漂白剤10mlを入れて、よく振ってかき混ぜれば、濃度0.1%の次亜塩素酸ナトリウムができます。

布団の中心部まで染み込ませる必要があります。

そしてその後、きちんと漂白剤をすすぐ必要があります。

 

熱湯を注ぎ続ける場合は、布団の奥まで熱湯を染み込ませる必要があります。

また、しぶきを吸い込むとノロウイルスに感染する恐れがありますので、注意が必要です。

マスクをして熱湯を注ぎ続けたほうがいいと思います。

 

ただし、漂白剤や熱湯を布団に染み込ませると、布団が痛みますよね。

また、布団の奥まで染み込んだ漂白剤をきちんとすすぐのは非常に難しいのではないでしょうか。

漂白剤をきちんとすすぐことのできていない布団で寝るのは、やめておくべきです。

 

という事で、熱湯や漂白剤でノロウイルスを除去するのはデメリットが大きいと思います。

するのであれば、熱湯を注ぎ続けたほうがいいのではないか、と思います。

 

あと、クリーニング屋さんにお願いすることも考えられます。

この場合、クリーニング屋さんにノロウイルスに感染したときに布団の上におう吐したことをきちんと言って、お願いする必要があります。

そうしないと、きちんと消毒してくれない恐れがあるそうです。

ノロウイルスのことを言わなかった場合、シミや汚れはキレイにしてくれても、ウイルスの消毒まではしてくれないだろう、と考えるべきです。

ただし、ノロウイルスのことを話したら、断られる可能性が非常に高いそうです。

私は3件のクリーニング屋さんに電話で問い合わせましたが、すべて断られてしまいました。

ですから、クリーニング屋さんでは布団のノロウイルスの消毒はしてくれないだろう、と覚悟したうえで、あらかじめ電話で問い合わせて、大丈夫だという事を確認してから持っていくようにするといいでしょう。

 

 

という事でまとめですが、ノロウイルスが潜伏している布団を洗濯するばあいは、布団が傷んでもいいのであれば、熱湯を注ぎ続けるといいのでないか、と思います。

断られることを覚悟したうえでクリーニング屋さんにお願いするのも一つの手ですけどね。

 

ただ、ノロウイルスの付着した衣類等は廃棄するのが望ましい、と言われていますので、布団も廃棄したほうが望ましい、と考えるべきでしょう。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)