夏バテによる腹痛を解消するポイント!知らないと損する解消法!


 

「夏バテのせいで腹痛がひどくて…!?」
と、あなたはつらい思いをしていませんか?

私も夏になると、夏バテは当たり前のようにしていました。

そして、体がだるいと同時に腹痛も続いて、かなりつらい思いをしていました。

腹痛が続くと、仕事どころではなくなりますし、本当につらいですよね。

 

そこで、ここでは夏バテによる腹痛を解消するポイントを紹介します。

 

a1640_000380

 

夏バテによる腹痛の原因

 

まずは、夏バテになると腹痛が起こる原因を簡単に紹介します。

 

夏バテの原因は、自律神経の乱れです。

自律神経は、体温を37℃弱に一定に保つ働きをしています。

それで、気温が上がっても体温が上がらないように調節しているのです。

しかし、あまりにも暑いと、自律神経がその暑さについていけなくなります

そうすると、自律神経が乱れてしまうのです。

 

また、自律神経は腸の近くにたくさんあるんですが、お互い大きく影響しあっています。

腸の調子が悪くなると、自律神経に悪影響を及ぼして乱れます。

逆に自律神経が乱れると、腸に悪影響を及ぼして調子が悪くなりますけどね。

それで、暑いからといって、冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎると、腸に負担がかかります。

すると、腸の調子が悪くなるので、自律神経が乱れてしまうのです。

 

自律神経が乱れると、そのすぐ近くにある腸に悪影響を及ぼしてしまいます。

また、腸は自律神経からの命令で動いていますが、その自律神経が乱れれば、誤った命令が出されますので、おかしな働きをしてしまうんです。

ですから、腸の調子が悪くなって、腹痛が起こってしまうのです。

 

腹痛に伴って、下痢や便秘などの症状が出た場合は、ほぼ間違いなく自律神経が乱れている、と考えられます。

 

夏バテによる腹痛を解消するポイント

 

夏バテによる腹痛を解消するには、まず、お腹を温めるといいです。

蒸しタオルなどでお腹を温めると、腹痛が緩和します。

さらに、腹痛のしない時でもお腹を温めると、腹痛が減ります。

職場などだと蒸しタオルでお腹を温めるのが難しいと思うんですが、家にいる時に時々お腹を温めるようにすると、腹痛が起こりにくくなりますよ。

 

また、お腹を反時計回りにさすると、腹痛が緩和されることがあります。

腸は、時計回りに動いています。

それで、反時計回りにさすると、腸の働きを弱めることができますので、腹痛が緩和されます。

ただし、便秘の場合はあまりやらないほうがいいです。

便秘がひどくなる可能性があります。

下痢の場合は、反時計回りにさすることで、腹痛と同時に下痢も解消できることがありますよ。

 

また、薬を飲むのも有効です。

正露丸など腹痛の薬を飲めば、一時的には腹痛を抑えることができます

ただし、腹痛の薬は、いわば強引に腸の働きを抑えているだけです。

腹痛の原因である自律神経の乱れを整えているわけではありません。

ですから、薬の効き目がなくなると、再び腹痛が起こりますよ。

 

さて、今まで紹介してきたものは、一時的に腹痛を止める方法です。

腹痛の原因を取り除いているわけではありません。

腹痛の原因とは、自律神経の乱れですね。

つまり、自律神経の乱れを解消しないことには、腹痛は続いてしまう、という事になるんです。

一時的には腹痛を抑えることができても、またすぐに復活してしまうんです。

 

一時的に腹痛を抑えることも大切なことなんですが、同時に腹痛の原因である自律神経の乱れを解消することも大切なことになりますよ。

 

夏の暑さによって自律神経が乱れ、夏バテになるのは、
・暑すぎる
・寒暖差
の2つが原因です。

あまりにも暑いと、自律神経がついていけなくなるので、乱れます。

そして、エアコンの効いた屋内と暑い屋外の温度差が大きくなると、自律神経は体の温度を上げたり下げたりを頻繁に行わないといけなくなります。

そういうことを繰り返すと、自律神経がついていけなくなるので、乱れます。

 

ですから、夏バテによる自律神経の乱れを整えるには、
暑すぎる場合、不要不急な外出は避ける
エアコンの温度を下げ過ぎない
室内から室外に移動するとき、逆に室外から室内に移動する場合は、徐々にその温度に体を慣らす
などを心がけるといいですよ。

3番目の、温度に体を慣らす場合、例えば屋外から室内に入ったとき、しばらくは1枚はおって、涼しさに体をさらさないようにするといいですよ。

逆に外出するときは、その10分くらい前から1枚はおって涼しさに体をさらさないようにしていくといいですよ。

 

また、食事にも気を付けたほうがいいです。

 

まず、冷たい食べ物や飲み物はなるべく避けたほうがいいです。

暑い夏は水分補給は欠かせませんが、だからといって冷たいものばかり飲んでいたら、胃腸の調子が悪くなるので、夏バテになります。

体温と同じくらいの温度の水分を摂るようにするといいですよ。

冷たくなければ、どれだけ水分を摂っても、腸の調子が悪くなることはまずありません。

 

そして、夏バテ解消に効果的なものを食べるといいです。

夏バテ解消におすすめの食べ物は、“にんにく”です。

にんにくには自律神経に直接作用して、その働きを調整してくれるんです。

ですから、にんにくを積極的に食べると、夏バテを解消し、腹痛もそのうち解消されるでしょう。

 

ただ、にんにくには大きな欠点があるんです。

1つはにおいですね。

にんにくを食べた後の口のにおいで悩まされることは多いと思います。

そしてもう1つは、胃腸に負担がかかるという事です。

にんにくは胃腸を刺激しますので、運が悪いと腹痛がひどくなることがあります。

 

それらの欠点を克服したものがあります。

それは、にんにく卵黄のサプリです。

卵黄には、にんにくのにおいを抑える働きがあります。

また、卵黄にはにんにくの胃腸への刺激を緩和する働きもあるんです。

そして、サプリだと、さらににおいを抑え、刺激を緩和するように加工してあります。

私もにんにく卵黄のサプリを飲み続けていますが、においが気になったことはありませんし、腹痛がひどくなったことはありません。

そして、夏バテによる腹痛が起こらなくなったんですよ。

 

そのなかでも、健康家族の「伝統にんにく卵黄」は、売上日本一で、多くの人に愛用されていて、注目されているんです。

原材料へのこだわりと製法へのこだわりで、高品質のにんにく卵黄に仕上がっているんですよ。

実際に私も、健康家族の「伝統にんにく卵黄」を飲み続けるようになってから、暑い夏を元気に乗り切ることができるようになりましたよ。

DSC_0240

夏バテのつらい状態から解放されたい!
そう思っているあなたに、健康家族の「にんにく卵黄」はおすすめです!

 

詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

 【売上日本一!!】<<健康家族>>の「伝統にんにく卵黄」詳しくはこちら

 

にんにく卵黄

 

参考サイト:にんにく卵黄を飲み続けたらどうなった?実録体験談を公開!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)