熱中症予防に必要な栄養素!~水分補給以外にも大切なアレとは?


 

熱中症になると、最悪後遺症で悩まされることがあります。

耳鳴り、めまい、腎不全、意識障害など、かなりツラい後遺症になることだってあり得るんです。

ですから、熱中症にならないように、きちんと予防しておきたいですよね。

 

natsubate_girl

 

熱中症の予防といえば、水分や塩分の補給が知られていますよね。

それらは、熱中症予防では絶対に欠かせないものです。

ただ、水分と塩分さえ補給していれば熱中症を防ぐことができるのかといえば、そういうわけではありません。

他にも大切なことがあるんです。

 

そこで、ここでは熱中症予防に必要な栄養素について紹介します。

 

熱中症予防のポイント

 

熱中症を予防するには、体温を下げる機能が正常に働くようにすることです。

 

体温が上がると、汗をかいて下げようとします。

しかし、どこかに異常があって汗をかくことができなくなると、体温が下がらず熱中症になってしまうんです。

 

汗をかけなくなる主な原因は、水分不足、水分を体内に保つ能力の低下、汗をかくの能力の低下、体温を感知する能力の低下です。

 

水分が不足すると、汗の元がなくなりますので、汗をかくことができませんよね。

また、水分を補給しても、体内に保つことができないと、汗をかくことができませんよね。

また、水分を体内に保持することができても、脳が「汗を出せ!」という命令が体に伝わらないと、汗をかくことができませんよね。

そして、体温が上昇したことを感知できないと、「汗を出せ!」という命令すら出せないですよね。

 

それで、水分不足は水分を補うことで解消できます。

また、水分を体内に保つには、塩分を補えばいいわけですね。

 

残りの2つ、汗をかく能力と体温を感知する能力は、体調が悪い時やストレス、睡眠不足、加齢などが原因で低下します。

という事は、栄養バランスのとれた食事を摂り、ストレスは発散し、しっかりと睡眠を取る事で、体温を感知し、汗を出す命令が体に伝わるようになりますよ。

 

ということは、熱中症を防ぐには、特定の栄養素を摂っていればいいという事ではなくて、あらゆる栄養素をバランスよく取るようにする必要がありますよ。

 

熱中症予防のために必要な栄養素を摂るポイント

 

熱中症を防ぐためには、あらゆる栄養素をバランスよく摂る必要があります。

そうはいっても、それがなかなか難しいのではないでしょうか?

 

そこで、ここでは熱中症を予防するための栄養の摂り方のポイントを紹介します。

 

まず、夏になると食欲が衰えがちですよね。

ですから、食欲が衰えないようにする必要があります

そして、少量でも必要な栄養素を補えるものを食べるといいです。

 

まず、食欲が衰えるのを防ぐのにおすすめなのが、にんにくです。

にんにくには食欲を増進する働きがあります。

そして、少量でも必要な栄養素をバランスよく補える食品が、です。

卵には、ビタミンC以外のあらゆる栄養素(たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなど)が含まれているんですよ。

それで、卵にはほとんど含まれていないビタミンCがにんにくには含まれていますので、にんにくと卵を食べると、必要な栄養素をバランスよく摂る事ができるんですよ。

 

ただ、にんにくはにおいが気になりますよね。

 

そこでおすすめなのが、にんにく卵黄のサプリメントです。

にんにく卵黄のサプリはにおいが全然気にならないですし、手軽に摂る事ができますので、非常におススメですよ。

 

にんにく卵黄のサプリのなかでも、特におすすめなのが、健康家族の「伝統にんにく卵黄」です。

にんにくの健康食品の中で売上が日本一で、多くの人が満足しているんですよ。

原材料を厳選し、品質にこだわって作られていますが、それが多くの人が満足している理由の一つになるでしょう。

 

健康家族の「伝統にんにく卵黄」の詳しい情報は、下のリンクをクリックすると確認できます。

 【売上日本一!!】<<健康家族>>の「伝統にんにく卵黄」詳しくはこちら

 

にんにく卵黄

 

参考記事:にんにく卵黄の効果!実際に飲んでみた実録体験談!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)