インフルエンザで大人が下痢が続くときの対処法!


インフルエンザ 大人 下痢 続く について

 

大人のインフルエンザに感染したときの症状に、下痢があります。

インフルエンザはA型とB型がありますが、B型に感染すると下痢になりやすいです。

 

そこで、ここでは大人がインフルエンザで下痢になったときの対処法を紹介します。

 

virus_benpi

 

インフルエンザとウイルス性感染性胃腸炎の違い

 

インフルエンザで下痢をすると、ウイルス性感染性胃腸炎と症状に違いがほとんどなくなります。

両方とも、下痢、おう吐、発熱、腹痛、などの症状があります。

 

ただし、ウイルスが違うので、治療法などに違いが出てきます。

インフルエンザはタミフルなどが処方されますよね。

しかし、ウイルス性感染性胃腸炎の場合は、ウイルスに対処する薬は処方されません。

解熱剤や整腸剤など、ウイルスに対処しない薬が処方されます。

ウイルス性感染性胃腸炎に対処する薬はありません。

 

また、ウイルス性感染性胃腸炎と比べると、インフルエンザは肺炎などの合併症を引き起こす可能性がやや高くなります。

 

ただ、対処法の違いは薬くらいで、自宅での対処法に大きな違いはありません。

それで、医者が分かっていれば、患者さんは区別がつかなくてもいい、と考えることもできますよね。

しかし、薬などに違いがある以上、インフルエンザなのか、ウイルス性感染性胃腸炎なのか、どちらなのか知っておいたほうがいいでしょう。

 

インフルエンザで大人が下痢が続く時の対処法

 

インフルエンザで下痢が続くときは、とにかく安静にすることが大切です。

インフルエンザで下痢が続くという事は、発熱と下痢で体力をかなり奪われます。

そうすると、インフルエンザウイルスを退治する体力まで奪われてしまう事も考えられます。

安静にしてなるべく体力を使わないようにすることが大切です。

 

また、下痢止めなどを飲んで下痢を止めようとしないでください。

ウイルスは便とともに排出されます。

それなのに、下痢止めを飲んで便が出るのを止めてしまったら、インフルエンザの治るのが遅くなる可能性があります。

飲むのであれば、整腸剤を飲んでください。

整腸剤は腸の善玉菌を増やして悪玉菌を減らしますので、インフルエンザの治りが遅くなることはまずないでしょう。

 

そして、トイレは我慢しないでください。

排便によってウイルスを含め、体内の毒素を排出します。

トイレを我慢することは、体内に毒素をため込むことになりますので、ひょっとしたらインフルエンザの治るのが遅くなるかもしれません。

 

また、水分は十分に補給してください。

下痢だと、体に必要な水分までが便と一緒に体外に排出されてしまいます。

ですから、水分不足になりがちです。

水分不足になると体に良くありませんので、しっかりと水分補給をしておくべきです。

 

水分補給はスポーツドリンクがいいです。

ただし、冷たいスポーツドリンクは体を冷やしますので、せめて常温のものを飲むべきです。

できれば、体温と同じ温度まで温めたほうがいいです。

 

そして、お茶やコーヒーなどのカフェイン入りの飲料は水分補給に適しません。

カフェインには利尿作用がありますので、水分が排出されます。

運が悪いと補給した水分以上に排出され、水分不足がよりひどくなることも考えられます。

あと、カフェインは腸を刺激しますので、下痢がひどくなる可能性があります。

 

スポーツドリンクがなければ、水道水で十分です。

水道水に塩を混ぜて飲むと脱水症状を引き起こしにくくなります。

高血圧の方は塩分の取り方に注意が必要ですけどね。

 

インフルエンザで下痢が続く場合でも、食事を控えるのはよくありません

できるだけ消化の良いものを食べるようにするといいです。

別のページで風邪の時の食事について紹介しましたが、インフルエンザの時と風邪の時とで食事に大きな違いはありません。

風邪の時の食事を参考にしてください。

参考記事:風邪の治し方 食事に気を付ければすぐに治る!?

 

どうしても食欲がわかない時は、せめて水分補給だけはしっかりと行うようにしてください。

 

インフルエンザによる下痢が長期間(5日間以上)続くときの対処法

 

インフルエンザは通常、症状が発症してから3日~4日くらいで症状が治まっていきます。

それにもかかわらず、5日たっても下痢が治まらない場合、合併症を引き起こしている可能性があります

大人の場合、インフルエンザの主な合併症は、肺炎や気管支炎などです。

合併症を放置しておくと、重症化する可能性がありますので、早めに医者に診てもらったほうがいいです。

 

また、インフルエンザと同時に他のウイルス(ノロウイルスやロタウイルスなど胃腸炎の原因となるウイルス)に感染している恐れもあります。

この場合も、重症化する可能性は否定できません。

 

インフルエンザによる下痢が5日以上続いたら、医者に診てもらったほうがいいですよ。

 

合併症を引き起こしていなくても、下痢が5日以上続くことはよくあります。

しかし、医者に診てもらったからといって、不都合なことは生じません。

治療費が余分にかかる、という事だけです。

ですから、念のために医者に診てもらったほうがいいですよ。

inhuruyobou

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)