光線過敏症の原因と対策!~日光アレルギー予防のために!


 

夏になると光線過敏症で悩む人が増えますよね。

光線過敏症は別名日光アレルギーとも言われていますが、太陽の光を浴びることで皮膚が赤くなったり、発疹ができたりするものです。

夏になる度に肌に異常が起こっていたら、イヤになりますよね。

 

そこで、ここでは光線過敏症の原因と対策を紹介します。

予防することはできるのでしょうか?

 

businesswoman2_surprise

 

光線過敏症の原因

 

光線過敏症の直接的な原因は“紫外線”です。

それで問題なのが、なぜ紫外線を浴びると肌が赤くなったり発疹ができるのか、という事ですよね。

紫外線を浴びても肌が焼けたりシミができたりするだけで、何の異常も怒らない人のほうが圧倒的に多いですよね。

では、なぜ紫外線によって光線過敏症が発症するのか、そこが肝心なところになると思います。

 

実は、その原因については、ハッキリとわかっていません。

ただ、今のところはっきりしているのが、紫外線に対するアレルギー反応である、という事です。

紫外線によって免疫機能が不必要に働いてしまって、皮膚に異常が起こる、という事です。

 

これは、遺伝や体質などが大きいのではないか、と言われています。

また、紫外線を浴びすぎてしまって、免疫機能が過剰に反応するようになってしまうことがあるのではないか、という事も言われています。

そして、薬剤(飲み薬、塗り薬、注射など)によって光線過敏症が引き起こされるのではないか、とも言われています。

「モーラステープ」(湿布薬の一種)が光線過敏症の原因になる、と言われていますが、これは薬剤が原因の光線過敏症という事になりますよね。

 

食品アレルギーの食品を、紫外線(光線・日光など)に置き換えて考えていいのではないか、と考えられています。

つまり、食品アレルギーの場合は、特定の食品を食べることで何らかの異常が発生しますよね。

それと同様に、紫外線を浴びると(皮膚に)何らかの異常が発生する、と考えていいのではないか、という事です。

 

光線過敏症対策~予防することもできるのか?

 

光線過敏症になったら、皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

なんらかの事情があって皮膚科に行けない場合、ステロイド系の薬が有効です。

ただ、特に薬剤が原因で光線過敏症になった場合、薬を使うと光線過敏症がひどくなる場合があります。

消炎鎮痛剤(非ステロイド系)によって光線過敏症になることがあります。

ですから、湿布や痛み止めなどを使用した後に光線過敏症の症状が出た場合は、自己判断で薬を使わないようにして、皮膚科で診てもらうべきです。

光線過敏症の原因となった薬の使用を中止することも大切です。

 

そして、治療でも予防でも言えることですが、とにかく紫外線を浴びないことが大切です。

日焼け止めを使ったり、日傘などを使ったり、露出の少ない服装を着るなどして、紫外線を浴びないようにするべきです。

 

また、徐々に紫外線に慣れていくことも予防には有効とされています。

まずは朝など日差しのあまり強くない時に少しだけ紫外線を浴びて、慣れてきたら少しずつ紫外線の浴びる量を増やしていけば、光線過敏症の症状が出にくくなる、という事ですよ。

 

あと、免疫力を正常にすることも光線過敏症の予防になる、と言われています。

光線過敏症の原因の一つに、免疫機能の異常が言われています。

ですから、免疫力を正常にすることで、光線過敏症を予防できる、と考えられています。

 

免疫機能を正常にするには、腸の調子を良くすることと、活性酸素を取り除くことが大切です。

 

腸の周りには免疫細胞がたくさんありますが、腸の調子が悪いと免疫細胞に悪影響を及ぼします。

それで、免疫細胞が正常に働かなくなるのです。

そして、活性酸素が増えると、免疫細胞にダメージを与えるので、免疫機能が正常に働かなくなる、と言われています。

 

腸の調子を良くし、活性酸素を取り除いて免疫力を高める食事については、別のページで紹介しました。

興味があれば、そちらをご覧ください。

 免疫力を高める食事とは?

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)