夏バテの症状 立ちくらみを防ぐには?簡単に予防できるアレとは?


 

「夏になるといつも立ちくらみするけど、なんとかならないかなぁ?」
と、あなたは悩んでいませんか?

夏バテには様々な症状がありますが、そのうちの1つが“立ちくらみ”ですよね。

ちょっと歩いただけでクラクラして、なにかにつかまっていないと倒れそうになったり、あるいは座り込んでしまったり、ひどい時は本当に倒れてしまう、なんてこともあるのではないでしょか?

そんな立ちくらみが続くと、かなりツラいですよね。

 

natsubate_girl

 

そこで、ここでは夏バテの症状の立ちくらみを防ぐ方法を紹介します。

簡単に立ちくらみを防ぐことができるアレとは?

 

夏バテで立ちくらみがする原因

 

まずは、夏バテで立ちくらみがする原因を簡単に紹介します。

 

夏バテの大きな原因は、自律神経の乱れです。

体が熱さについていけなくなってしまい、それで自律神経が乱れてしまうのです。

 

それで、自律神経は血液の流れを調整しています。

どこか不具合が出てきたら、そこにたくさんの血液を送り込むようにしたり、あるいは血液を送る必要のないところには血液の流れを穏やかにしたり、そういう調節をしているのが自律神経です。

それで、自律神経が乱れると、血液の流れを調節することができなくなり、脳に血液を送らなくなります。

すると、脳が貧血状態になりますよね。

それで、立ちくらみしてしまうんです。

 

夏バテによる立ちくらみを防ぐには、自律神経の乱れを整えることが大切になります

 

夏バテの症状 立ちくらみを防ぐには?

 

夏バテによる立ちくらみを防ぐには、栄養バランスの取れた食事と充分な睡眠が大切です。

そのうえで、特に積極的に摂っておきたい栄養素を紹介します。

 

夏バテによる立ちくらみを防ぐために積極的に摂っておきたい栄養素は、ビタミンB1です。

 

ビタミンB1には、自律神経を整える働きがあります。

そして、糖質(炭水化物など)をエネルギーに変える働きがありますので、疲労回復に効果的です。

 

それなのに、ビタミンB1は汗と一緒に体外に排出されやすいんです。

ですから、ビタミンB1は不足しがちなんです。

それで、夏の暑い日が続くと、ビタミンB1不足のために自律神経が乱れやすくなって、夏バテになってしまうんです。

 

ですから、夏バテによる立ちくらみを防ぐには、ビタミンB1を積極的に摂ることをおすすめします。

 

ビタミンB1は、うなぎ、豚肉、ナッツ類、ほうれん草、ごま、卵などに豊富に含まれていますよ。

 

夏バテの症状 立ちくらみを手軽に防ぐことはできるのか?

 

ただ、食生活を変えるのは、ちょっと難しくないですか?

 

そこで、サプリメントで不足しがちな栄養素を補う人が増えています。

夏バテによる立ちくらみにおすすめのサプリメントは、にんにく卵黄です。

卵黄には、ビタミンB1が豊富に含まれています。

そして、にんにくにはビタミンB1の吸収を良くし、働きをサポートする作用があります。

ですから、にんにくと卵黄の成分を同時に摂る事ができるにんにく卵黄は、夏バテによる立ちくらみを防ぐのに効果的なんです。

 

にんにく卵黄にはたくさんの種類がありますが、その中でおすすめなのが、テレビCMでおなじみの健康家族の「伝統にんにく卵黄」です。

にんにくの健康食品の中で売上日本一なんです。

そして、リピート率が97.6%と、多くの人が満足しているんです。

実際に、健康家族の「伝統にんにく卵黄」を飲んだ人の中には、
「体調が良くなった!」
「夏バテしにくくなった!」
という人は多いんですよ。

夏バテによる立ちくらみのつらい思いから解放されたい!
そう思っているあなたに、健康家族の「伝統にんにく卵黄」はおすすめです!

 

詳しくは下のリンクをクリックすると確認できます。
【売上日本一!!】「<<健康家族>>の伝統にんにく卵黄」詳しくはこちら

 

にんにく卵黄

 

参考サイト:にんにく卵黄に疲れを取る効果はあるの?

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)