インフルエンザ 大人 解熱剤


インフルエンザ 大人 解熱剤 について

 

「大人がインフルエンザになった時、解熱剤を飲んでも大丈夫かなぁ?」
と、疑問に思ったことはありませんか?

インフルエンザの時に解熱剤を飲んだら、何か深刻なことになってしまうのではないか、と心配になることもあるのではないでしょうか?

 

そこで、ここでは大人がインフルエンザになった時に解熱剤を飲んでも大丈夫なのか、そして、注意すべき点はどういったことなのかを紹介します。

 

a0001_014018

 

インフルエンザになった大人が解熱剤を飲んでも大丈夫?

 

まず、インフルエンザになった大人は解熱剤を飲まないほうがいいです。

インフルエンザで熱が出るのは、ウイルスを退治しやすくするためです。

それで、解熱剤で熱を下げると、ウイルスを退治しにくくなります。

ですから、なるべく飲まないほうがいいのは確かです。

 

では、インフルエンザの時に深刻な症状が出ることがあるのでしょうか?

 

まず、インフルエンザの時に解熱剤を飲んだら、ライ症候群(インフルエンザ脳症)になった例があります。

ただし、インフルエンザの時にアスピリン系の解熱剤を飲まないようにしてからは、ライ症候群を発症する例はかなり少なくなっています。

また、ライ症候群は子供がかかることが多く、大人がかかるのは非常にまれです。

 

とはいっても、ライ症候群になる可能性がゼロというわけではありません。

ですから念のため、アスピリン系の解熱剤を避け、アセトアミノフェンの解熱剤を飲んだほうがいいでしょう。

アセトアミノフェンの解熱剤は、「ナロン錠」(大正製薬)、「ノーシン」(アラクス)などです。

 

その他、解熱剤には胃炎などの副作用になる恐れがあります。

ただ、副作用はインフルエンザに関係なくあります。

インフルエンザだから副作用の可能性が高くなる、なんていう事もあまりないでしょう。

 

ですから、大人がインフルエンザになった場合は、アセトアミノフェンの解熱剤であれば飲んで深刻な事態になる可能性は低い、と考えてもいいでしょう。

解熱剤は副作用がありますので、100%大丈夫と言い切ることができず、普通に解熱剤のリスクはあります。

ただ、インフルエンザだからそのリスクが大幅に上がる、という事は考えづらいです。

 

ただし、深刻なことが起こる可能性が低いからといっても、なるべく飲まないほうがいいです。

初めに紹介したように、熱を下げるとウイルスを退治しにくくなります。

ですから、高熱で眠れない時やあまりにもつらくて我慢できない時だけにしたほうがいいです。

また、熱が40℃を超えた場合は飲んだほうがいいでしょう。

 

解熱剤を飲む場合、インフルエンザの薬を飲んでいる場合は注意したほうがいいです。

タミフルなどのインフルエンザの薬とアセトアミノフェンの解熱剤を一緒に飲んでも、基本的には問題はない、と言われています。

ただし、なかにはひょっとして問題があるものがあるかもしれません。

その場合、薬剤師から指示があると思いますし、薬の説明書きに書かれていると思います。

インフルエンザの薬と解熱剤を一緒に飲む場合は、念のため薬の説明書きを読んだほうがいいですよ。

inhuruyobou

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)