夜になると体がかゆくて眠れない!そんなときはアレでぐっすり!?


 

「昼間は体がかゆくないのに、夜になるとなぜか体がかゆくて眠れないんだけど…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

ダニなどに刺された跡はないのに、かゆくて眠れない場合、その原因がよくわからなくてどうしたらいいのか悩んでしまいますよね。

それで、結局かゆくて眠ることができない日々を送ってしまう事になると思います。

そんな日が続いたら、体はだるいし眠れないし、本当につらい日々を送る事になりますよね。

「こんなつらい毎日から脱出したい!」
と、あなたは思いませんか?

 

そこで、ここでは夜になると体がかゆくなって眠れなくなる原因と解消法を紹介します。

簡単に解消できるアレとは?

 

kayui

 

夜に体がかゆくて眠れなくなる原因

 

夜、布団に入ってから体がかゆくなる場合、まずは布団にダニやノミがいるせいで体がかゆくなるのかもしれません。

かゆいところに何かに刺された跡があれば、ダニやノミに刺されたことによってかゆくなっています。

その場合は、布団をマメに干すなどして、ダニやノミを退治する必要がありますよ。

 

ダニやノミなどに刺された跡がない場合、あるいは布団に入る前から体がかゆくなる場合は、ダニやノミ以外が原因で体がかゆくなっている可能性が高いです。

ダニやノミなどに刺されれば、必ずと言っていいほど赤いポツッと、刺された跡ができます。

ですから、跡がない場合は、ダニやノミ以外のことが原因でかゆくなっていることが多いです。

そもそも、ダニやノミに刺されれば、昼間もかゆいことが多いんですけどね。

 

昼は全然かゆくないのに夜になるとかゆみがひどくなる原因は、自律神経の乱れである可能性が高いです。

自律神経とは、心身を活発にしたり、リラックスしたりするのをコントロールしている神経のことです。

正常であれば、昼間は心身を活発にし、夜はリラックスするように作用します。

夜になると眠くなるのは、自律神経が心身をリラックスさせているからです。

 

それで、夜になって自律神経が体をリラックスさせようしているのに、それが上手くいかないと、全身にかゆみを引き起こすことがあります。

 

という事は、自律神経の乱れを整えると、夜になってもかゆくなくなるので、ぐっすり眠れるようになる、という事になりますよね。

 

夜にかゆくて眠れない時の対処法

 

夜に体がかゆくなる主な原因は、自律神経の乱れですね。

 

自律神経の乱れを整えるには、まずは夜しっかりと眠ることが大切です。

全身のかゆみを抑える飲み薬は、薬局などで売っています。

そういった薬などを飲んで一時的にでもかゆみを止めて、ぐっすり眠るようにすれば、自律神経の乱れが整うので、かゆくならないことが多いです。

 

ただ問題は、薬でかゆみを抑えても眠れなくなっていることが多いんです。

それは、眠れない日が続くと自律神経の乱れがひどくなり、それが原因で眠れなくなるからです。

そうなってしまうと、かゆみ止めを飲まないと夜に全身のかゆみが止まらなくなります。

そして、かゆみ止めを飲み続けると、今度は薬が効かなくなるので、薬を飲んでもかゆみがおさまらない、という事になってしまうのです。

 

そうならないためにも、かゆみをとめるのと同時に、ぐっすり眠れるようになる必要もありますね。

ぐっすり眠れるようになるには、ストレスを発散し、日中は体を活発に動かすと良いです。

朝起きたら、太陽の光を浴びて体を軽く動かすと、体が覚めるので日中活発になりやすくなります。

そして、日中に運動したり、活発に動けば、夜は眠りやすくなりますよ。

 

ただ、仕事をしていたりしたら、それは難しいですよね。

 

そういう時は、睡眠をサポートするサプリを飲むことをおすすめします。

サプリを飲んでぐっすり眠れるようになれば、自律神経を整えることができますので、夜に体がかゆくなることもなくなりますよ。

 

睡眠をサポートするサプリで、本当にぐっすり眠れるようになるのか、まとめられているサイトがあります。

興味があればそちらをご覧ください。

 安眠サプリの効果~ぐっすり眠れるようになるってホント?

 





 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)