スマホ老眼の原因と解消のポイント~ピントが合わないのを解消!?


 

最近、スマホ老眼という言葉を耳にしませんか?

スマホのし過ぎで老眼と同じような症状が出てくることを、スマホ老眼といいます。

なんと、20代の人でも近くのものを見ようとしても、ピントが合わなくなるんですよ。

「まだ20代なのに老眼になったのかなぁ?」
と心配する人も多い、という事なんです。

 

そこで、ここではスマホ老眼の原因と解消のポイントを紹介します。

 

a0002_007929

 

スマホ老眼の原因

 

まずはスマホ老眼の原因について紹介します。

スマホをしているときは、視点はスマホの画面に集中していて、他のものに視点を合わせることがほとんどありませんよね。

それで、スマホの画面は目に近いですので、近くにピントを合わせ続けていることになります。

という事は、目の周辺の筋肉は近くのものを見るために働き続けていることになるんです。

すると、目の周辺の筋肉を使いすぎてしまい、正常に機能できなくなります。

それで、ピントを合わせる機能も正常に働かなくなるので、ピントを合わせることができなくなります

ですから、スマホのやりすぎで老眼と同じような症状が起こるわけですね。

 

それにプラス、スマホの画面から放たれる光も大きく影響している、と考えられています。

 

ちなみに、スマホ老眼は一時的な現象ですので、それが直接老眼に結び付くことはない、とされています。

ただし、スマホのし過ぎは老眼が早まる原因とされていますので、スマホ老眼と本来の老眼が全く関係はない、とは言い切ることができないでしょう。

 

スマホ老眼解消のポイント

 

スマホ老眼の原因は、近くの画面を見続けることによって、目の周辺の筋肉が疲れてしまうことです。

ですから、スマホ老眼の解消のポイントは、疲れ目解消と大きな違いはありません

 

まず、スマホをする時は、なるべく画面を目から離すと、スマホ老眼になりにくくなります。

腕を伸ばしてスマホをしていれば、スマホ老眼の予防になりますよ。

 

そして、長時間スマホをし続ける場合は、時々目を休めるといいです。

1時間に1回5~10分でいいので、遠くを眺めているといいですよ。

 

また、何回もまばたきをするなどして目を動かすことも、スマホ老眼の予防になります。

 

あと、蒸しタオルなどを目の周りに当てて温めると、スマホ老眼を解消しやすくなります。

ただし、これはやりすぎるのはよくないので、1日1回だけにしておいたほうがいいです。

寝ている間に目の疲労物質を取り除いてくれるのですが、その時に血液の流れが悪いと疲労物質を取り除くことができなくなります。

ですから、寝る前に蒸しタオルで目の周辺を温めると血液の流れが良くなりますので、効果がより高くなります。

 

また、疲れ目対策のサプリも効果を期待することができます

疲れ目にはブルーベリーなどのサプリが効果的なので、飲んでみるといいでしょう。

 

ブルーベリーサプリの疲れ目の効果についてまとめられているサイトがあります。

興味があれば、そちらをご覧ください。

ブルーベリーサプリの疲れ目解消効果!

 



病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)