トランス脂肪酸が体に及ぼす害とは?食べると危険?


 

「アメリカで、トランス脂肪酸の食品への使用を3年以内に中止する。」
というニュースが伝えられましたね。

トランス脂肪酸は、体に悪影響を及ぼすという事で以前から問題になっていました。

それで、ついにアメリカでは全廃する、ということが決まったわけですね。

 

日本ではトランス脂肪酸を廃止することは当面なさそうですが、このまま摂り続けても大丈夫なのかなぁ?なんて疑問が起こりませんか?

 

そこで、ここではトランス脂肪酸が体に及ぼす害について紹介します。

 

job_eiyoushi

 

トランス脂肪酸とは?

 

まずは、トランス脂肪酸について簡単に説明します。

トランス脂肪酸とは脂質の一種になります。

それで、脂質はお肉、魚などに含まれていますが、植物性の脂質もありますよね。

ただ、それらの脂質にはトランス脂肪酸はあまり含まれていません

牛肉、羊の肉には少し含まれていますが、問題になるほどの量ではない、と言われています。

 

問題は加工食品です。

マーガリンやサラダ油、ショートニング、ファットスプレッドなどは魚や植物などの油から作られますが、その製造の過程でトランス脂肪酸ができてしまいます

 

トランス脂肪酸が体に及ぼす害とは?

 

トランス脂肪酸をたくさん摂ると、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増え、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減る、と考えられています。

悪玉コレステロールは、動脈硬化を引き起こす原因とされています。

動脈硬化が進行すると、
・高血圧や心肥大、心不全などの心疾患
・心筋梗塞、狭心症、脳梗塞など
・くも膜下出血などの脳出血
といった病気を引き起こしやすくなります。

これらの病気は、死に至ることもある恐ろしい病気です。

 

ただし、トランス脂肪酸をたくさん摂ると悪玉コレステロールが増える、というのは、まだ科学的根拠が不充分だとされています。

また、トランス脂肪酸が体に及ぼす悪影響の研究は、主にトランス脂肪酸をたくさん摂る欧米人を対象としています。

それで、日本人に同様の悪影響を及ぼすのかはよく分かっていません。

 

ただ、トランス脂肪酸は人間の体に必要なものではなく、摂る量がゼロでも人間の体に悪影響を一切及ぼすことがない、とも考えられています。

ですから、トランス脂肪酸は、人間の体に良い影響を及ぼすことはなく、悪影響を及ぼすだけである可能性が高いので、摂らないほうがいい、と言われています。

 

トランス脂肪酸を含む食品

 

トランス脂肪酸を含む食品は、マーガリンやサラダ油、ショートニング、ファットスプレッドなどのほか、それらを原料にしたパン、ケーキ、ドーナツ、揚げ物などです。

 

トランス脂肪酸は摂らないほうがいい?

 

アメリカではトランス脂肪酸を全廃しますが、日本はその動きは今のところなさそうです。

それは、アメリカ人に比べると日本人はトランス脂肪酸の摂取量が少ないので、規制をする必要はないだろう、と考えられているからだそうです。

 

ただ、上で言ったように、トランス脂肪酸は摂る必要は全くないと考えられています。

それなのに、体に悪影響を及ぼす可能性が高いという事です。

ですから、なるべくトランス脂肪酸を摂らないほうがいいでしょう。

 

No tags for this post.

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)