野菜不足だと慢性下痢になる!その原因と手軽な野菜不足解消法!


野菜不足 慢性下痢 原因 対処法 について

 

「慢性下痢が続いているんだけど、野菜不足のせいかなぁ?」
と、あなたは思った事はありませんか?

野菜不足になると様々な悪影響を体に与えてしまいます。

その一つが下痢になります。

食生活が乱れている場合、野菜不足が原因で慢性的な下痢が続いているのかもしれませんよ。

 

virus_benpi

 

下痢が続くのに何の対処もしないと、腹痛が続くようになったり、あるいは痔になったりすることがあります。

私は下痢が続いたせいで痔になりましたが、かゆいし痛いし、かなりツラかったです。

また病院で医者に肛門を見られるのも恥ずかしかったですね。

ですから二度と痔になりたくない、なんて思っています。

それ以外にも、慢性的な下痢を放置していると、失禁するようになったりもします。

あるいは、慢性下痢は認知症の原因になるのではないか、という指摘もあるんです。

 

ですから、慢性下痢は早めに対処しておくべきなんです。

 

そこで、ここでは野菜不足だと下痢になる原因と、手軽に野菜不足を補う方法を紹介します。

 

野菜不足だと慢性下痢が続く原因

 

野菜不足だと慢性的な下痢が続く原因は以下の通りです。

 

 食物繊維不足

野菜不足だと食物繊維が不足しがちです。

食物繊維は腸内の善玉菌のエサになります。

それで、野菜不足で食物繊維不足になると、善玉菌が少なくなるので下痢になります。

善玉菌が減って悪玉菌が増えると便秘になる、という事はよく言われますが、下痢にもなります。

ですから、下痢を解消するために善玉菌を増やす事は大切なことですよ。

 

 ビタミンC不足

ビタミンCは抗ストレスホルモンを生成する際に必要になります。

それで、野菜不足になるとビタミンCが不足しがちです。

すると、抗ストレスホルモンを生成できなくなるので、ストレスによって体のあちこちに悪影響を及ぼします。

その一つが下痢になります。

 

下痢を解消するのにヨーグルトは効果的?

 

下痢の原因の1つが、腸内に悪玉菌が増え善玉菌が減ることです。

そこで、腸内の善玉菌を増やすために、ヨーグルトを食べるといいのではないか、と考えるのではないでしょうか?

 

結論から言うと、下痢解消にヨーグルトはおススメできません

 

まず、ヨーグルトは冷たいまま食べることが多いと思います。

すると、冷たいものを食べると腸に負担になりますので、下痢がひどくなる恐れがあります。

40℃くらいに温めればお腹を冷やすことはないですけどね。

60℃以上にすると乳酸菌が死にますので、温めすぎないことが大切です。

 

また、ヨーグルトにはたんぱく質が含まれていますよね。

たんぱく質は腸に負担がかかりますので、下痢が悪化する原因になります。

ですから、ヨーグルトを温めて食べることも、下痢解消にはおススメできません。

 

手軽に野菜不足を解消することができる?

 

慢性下痢を解消するには、野菜不足を解消する必要があります。

しかし、食生活を変えるのは難しいのではないでしょうか?

 

そこで、手軽に野菜不足を解消できそうなのが、野菜ジュースですよね!

野菜ジュースはコンビニなどでも買うことができますので、非常に手軽に飲むことができますよね。

しかし、市販の野菜ジュースには大きなデメリットがあります。

それは、食物繊維がかなり少ないことです。

製造過程で食物繊維が抜けてしまうそうですが、野菜ジュースに含まれている食物繊維の量は、びっくりするくらい少ないです!

ですから、下痢解消に市販の野菜ジュースはおススメできません。

野菜ジュースでは野菜不足を解消できない、という事については別のページで紹介しました。

興味があればそちらをご覧ください。

参考記事:市販の野菜ジュースでは野菜不足を解消できるのか?

 

野菜不足を解消するのにおススメのものがあります。

それは青汁です。

多くの青汁には食物繊維が豊富に含まれています。

そして、ビタミンCも含まれていますので、下痢解消のための野菜の栄養素を補給するのにおすすめなんです。

 

青汁で野菜不足を簡単に解消できるのか、について、別のサイトにまとめました。

興味があればそちらをご覧ください。

 野菜不足は青汁で簡単に解消できるってホント?

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)