野菜不足だと認知症になりやすくなる!?その理由とは?


野菜不足 認知症 について

 

テレビや雑誌を見ていると、認知症について取り上げられていますよね。

認知症患者の介護もそうなんですが、どのようにすれば認知症を防ぐことができるのか、という事もよく取り上げられていますよね。

 

認知症の原因はさまざまなことが言われています。

便秘や歯周病なども認知症の原因になるのではないか、という指摘もあります。

そして、野菜不足になると認知症になりやすくなる、とも言われています。

 

そこで、ここではなぜ野菜不足になると認知症になるのか、紹介します。

 

roujin_ninchisyou_man

 

野菜不足だと認知症になる原因

 

まず、認知症は脳の細胞が死んでしまう事で引き起こされます。

その原因はさまざまなことが考えられています。

その一つが脳が働くのに必要な栄養が不足することです。

 

脳が働くには、糖質などが必要になります。

それとともに、各種ビタミン、ミネラルも必要です。

ビタミンB1が不足すると、糖質からエネルギーを作り出すことができませんので、脳が糖質を使う事ができません。

また、脳内には様々な物質が作られますが、そのためにはビタミンCが必要になることが多いです。

脳細胞が働くのに必要なエネルギーや物質などを作り出すことができなくなると、脳細胞は死んでしまいますので、認知症になりやすくなりますよね。

 

そして、ある実験で、ビタミンCとビタミンEには認知症を予防する働きがある、という結果が出ています。

ビタミンCやビタミンEには活性酸素を除去する働きがあります。

それで、活性酸素は認知症の原因となる物質を生成してしまいます。

ですから、ビタミンCやビタミンEを摂って活性酸素を取り除けば、認知症の原因となる物質の生成を防ぐことができますので、認知症を予防することができる、と考えられています。

 

それで、ビタミンC、ビタミンEなどは主に野菜類に含まれています(ビタミンB1は肉類などに含まれる)。

ですから、野菜が不足すると認知症になりやすくなるのです。

 

認知症を防ぐにはバランス良く栄養を摂る事が大切です。

ただ、今の世の中を考えると野菜不足になりがちです。

ですから、食事面だけで考えると、野菜不足を解消すれば認知症の予防になる、と考えてもいいでしょう。

 

認知症予防のために野菜不足を解消するには?

 

野菜不足を解消するには、食生活の見直しが必要になりますよね。

とはいっても、食生活を見直して野菜の食べる量を増やすのは非常に難しいのではないでしょうか?

 

そこで、手軽に野菜不足を補うには野菜ジュースがいい、と考えてしまいませんか?

野菜ジュースはコンビニなどでも売っていますので、手軽に飲むことができますよね。

 

確かに野菜ジュースを飲めば、ビタミン、ミネラル類などをある程度は補うことができるでしょう。

しかし、ほとんどの野菜ジュースには肝心な成分が不足しているんです。

その成分とは、食物繊維です。

 

食物繊維が不足すると、腸の調子が悪くなりがちです。

すると、腸から糖質を消化吸収することができなくなります。

という事は、脳のエネルギー源となる糖質が充分に脳にいきわたらなくなるので、認知症になりやすくなります。

 

また、腸の調子が悪くなると悪玉菌が増えがちですよね。

その悪玉菌が脳の細胞に悪影響を及ぼすので、認知症になりやすくなる、とも考えられています。

 

ですから、野菜ジュースでは野菜不足を解消するのは無理だ、という事になります。

 

野菜ジュースでは野菜不足を解消できない理由と、手軽に野菜を補う方法は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧下さい。

 野菜ジュースで野菜不足を解消できるのか?

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)