塩分摂り過ぎている時の対策!アレでなかったことにできる?


塩分摂り過ぎ 対策 について

 

塩分を摂りすぎると健康に良くない、とよく言われますよね。

しかし、塩分を減らすのってかなり難しいと思いませんか?

 

塩分の1日の摂取量は、成人男性が8g、成人女性が7gという目標値が定められています。

しかし、定食1人前で塩分を6g~7g摂ってしまうんです。

ですから、意識していないと、昼食と晩ご飯の2食で塩分を12g~15gくらいとってしまいます。

これにプラス、朝食でみそ汁(1杯に塩分が約2g)を飲んだり、漬物(通常は1g以下)を食べたりしたら、1日で塩分を20g近く摂ってしまいますよね。

 

それで、塩分を目標値まで減らすには、かなり大変です。

塩辛いものをさけただけでは、とてもじゃないですが塩分が目標値まで減らすことはほぼ不可能です。

減塩しょうゆ、減塩みそなど、あらゆる調味料を減塩にして、さらに塩分の多いものは摂らないようにして、何とか目標値まで減らせるかどうか、というところでしょう。

 

ojisan_think

 

高血圧の治療をしている方であれば、そこまで頑張って塩分を減らす必要があると思います。

ただ、そうではない場合、そこまで塩分を減らすことってなかなかできないですよね。

外食やコンビニ弁当、出来合いの総菜、加工食品などを一切避けて、自炊する必要があるんです。

でも、そんなことって、ちょっと現実的ではないですよね。

 

私は単身赴任で1人で暮らしていますが、自炊する時間がないので無理です。

家族と一緒に暮らしていて料理を作ってもらう場合、あるいはあなた自身が家族の料理を作っている場合でも、塩分を目標値まで減らすのは相当難しいのではないか、と思います。

 

そこで、ここでは塩分を減らさず健康を維持することができるのか、塩分を摂りすぎている時の対策を紹介します。

 

塩分を摂りすぎている時の対策~アレだけで大丈夫?

 

体内の余分な塩分を体外に排出してくれる、というなんともうれしい栄養素があります。

それはカリウムです。

カリウムはナトリウム(食塩の主成分)と結びついて、体内のナトリウムの量を維持する働きがあります。

つまり、カリウムには余分な塩分を尿と一緒に排出する働きがあるのです。

逆に塩分が不足したら体内にとどめておく働きもあります。

 

ですから、塩分を摂りすぎている時には、カリウムを積極的に摂るといいですよ。

 

それで、お塩は天然塩にするといい、と言われています。

それは、天然塩にはカリウムが含まれているからです。

「岩塩を摂っていれば、塩分摂りすぎになることはない!」という説があります。

岩塩にはカリウムが豊富に含まれているので、余分な塩分が体内にとどまることはない、という事なんです。

これは本当のことなのか私にはわかりません。

ただ、岩塩はカリウムが豊富なのは確かなので、塩分摂りすぎの対策にはなるでしょう。

ただ、岩塩は値段が高いです。

無理して岩塩にしなくても、天然塩でも充分に塩分摂りすぎの対策になりますよ。

とはいっても、通常の食塩よりは天然塩のほうが高いですけどね。

でも、天然塩はそれほどビックリするほど高いわけでもないので、塩分摂りすぎの対策には天然塩を使ったほうがいいでしょう。

 

また、カリウムが含まれている食べ物を積極的に食べるといいでしょう。

 

カリウムが豊富に含まれている食品

・昆布、わかめなどの海藻類
・大豆製品(豆腐、納豆など)、枝豆、いんげん豆
・ブロッコリー、ほうれん草、春菊、さつまいも、さといも、じゃがいも
・バナナ、アボカド、キウイフルーツ

 

カリウムは熱に弱いので、ゆでると溶け出してしまいます。

ただ、お味噌汁などのように汁ごと飲めるものであれば、カリウムを摂る事ができます。

そうではない場合、半分以上はなくなってしまいますので、できるだけ汁ごと摂ったほうがいいですよね。

またゆでるよりも蒸したほうが食品にカリウムが残りますよ。

 

塩分摂りすぎの対策に役立つカリウムを手軽に摂ることはできないか?

 

とはいっても、食生活をいきなり変えるのは難しいですよね。

 

そこで、カリウムを多く含む健康食品などなら、手軽にカリウムを補うことができますよね。

おすすめは青汁です。

青汁にはカリウムが豊富に含まれているものがいくつもあります。

商品によってカリウムの含まれている量に差がありますので、栄養成分をきちんと確認する必要があります。

それで、カリウムが豊富に含まれている青汁を飲めば、手軽にカリウムを補うことができますよね。

 

実際に、私は青汁を飲み始めてから、血圧が大幅に下がりました。

青汁を飲む前は、最高血圧が130mmHgを超えていました。

しかし、青汁を飲み続けたら、最高血圧が110mmHg台になったんです。

とはいっても、私は青汁を飲むようになってから肥満を解消したので、カリウムを補ったことで余分な塩分を体外に排出した事だけで血圧が下がった、というわけでもないんですけどね。

ちなみに、肥満は高血圧の大きな原因になりますよね。

 

また、高血圧の原因はさまざまなので、カリウムを摂って塩分を排出したから血圧が下がる、というわけでもないですけどね。

ただ、青汁を飲んでカリウムを補うことで、塩分摂りすぎの対策になりますし、不足しがちな野菜の成分を補うことができますのでおススメです。

 

青汁もたくさんの種類がありますが、その中で私が今飲んでいておすすめなのが、サンスター「粉末青汁」です。

この青汁は、5種類の野菜から出来ているんです。

ですから、豊富な栄養をバランスよく補うことができるんですよ。

また、1回分にカリウムが250mg含まれているんです。

ですから、塩分摂りすぎの対策としてもおススメですよ。

 

サンスター「粉末青汁」を飲んだときの体験談を別のサイトにまとめてあります。

興味のある方はそちらをご覧ください。
「サンスター『粉末青汁』実録体験談」

サンスター「粉末青汁」について詳しく知りたい、あるいは今すぐ購入したいという場合は、公式販売ページをご覧ください。
サンスター「粉末青汁」公式販売ページへ

 




病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)