緑黄色野菜が不足すると不健康!淡色野菜だけで病気予防は無理!


緑黄色野菜 不足 不健康 について

 

健康のために緑黄色野菜は積極的に摂る必要がある!
ということをなんとなくでも聞いたことはあると思います。

実際に、1日の野菜の摂取推奨量は350gで、そのうち120gは緑黄色野菜である必要がある、なんて言われていますよね。

 

job_eiyoushi

しかし、緑黄色野菜を食べる機会って少ないと思いませんか?

私が1人暮らしをしているから緑黄色野菜を摂るのは難しい、と感じているのかもしれません。

コンビニやスーパーの惣菜などでは、淡色野菜のサラダなどはよく売られていますけど、緑黄色野菜ってあまり売られていないんですよね。

数年前に比べると緑黄色野菜の惣菜が増えてきましたけど、それでもまだまだ少ないかな、と思います。

そうなると、ほとんど自炊しない私にとっては、緑黄色野菜を摂るのがちょっと難しくなる、なんてことになるんですよね。

また、料理をしている人から、緑黄色野菜は淡色野菜と比べると調理に手間がかかるので、ついつい淡色野菜が多くなる、なんてことを聞いたことがあります。

 

そういうことを考えると、
緑黄色野菜が不足している人が非常に多いのではないか、
と思います。

 

でも、
緑黄色野菜が不足すると、健康的な毎日を送るには不充分
なんですよね。

 

そこで、ここでは緑黄色野菜が不足すると、どのような悪影響があるのか、紹介します。

 

緑黄色野菜とは?淡色野菜との違いは?

 

まずは、緑黄色野菜と淡色野菜の違いから紹介します。

野菜の可食部に含まれているβカロテンの量が600μg以上が緑黄色野菜、それ以下が淡色野菜になります。

つまり、ひらたく言うと、
βカロテンがたくさん含まれている野菜が緑黄色野菜
という事ができます。

 

決して、見た目の色が濃い、淡いで分けられているのではないですよ!

 

緑黄色野菜の代表例は、ほうれん草、小松菜、春菊、にんじん、ブロッコリー、かぼちゃ、にら、サラダ菜、ねぎの青い部分、赤ピーマン、ミニトマト、トマト、ピーマン、グリーンアスパラガスなどです。

淡色野菜の代表例は、キャベツ、白菜、レタス、もやし、ごぼう、れんこん、大根、かぶ、ねぎの白い部分、玉ねぎ、にんにく、きゅうり、なすなどです。

ちなみに、大根は淡色野菜に分類されますが、厳密には白い根っこの部分が淡色野菜、緑の葉っぱの部分は緑黄色野菜になります。

まあ、大根の葉っぱを食べることって少ないから、単色野菜に分類されているんだと思います。

 

緑黄色野菜が不足すると起こる悪影響とは?

 

ここまでの説明で、緑黄色野菜が不足すると、どの栄養素が不足するのか推測できるのではないでしょうか?

そう、βカロテンが不足してしまうのです!

 

βカロテンは、その半分くらいがビタミンAに変わります

ビタミンAは、皮膚や粘膜を正常に保ったり、目を正常に機能させたり、がんを抑制したり、さまざまな働きがあります。

 

そして、βカロテンには抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは、体内の活性酸素を減らす作用の事です。

老化を防いだり、がんを抑制したりする働きがあります。

 

つまり、βカロテンが不足すると、ビタミンAが不足したり、抗酸化作用が不十分になったりするので、体にさまざまな悪影響を及ぼすのです。

 

緑黄色野菜不足は手軽に補うことができる?

 

緑黄色野菜が不足すると、さまざまな悪影響を体に及ぼします。

だからといってさきほどいったように、緑黄色野菜を摂るのってなかなか難しいですよね。

私の場合は1人暮らしで自炊はほとんどしませんが、こんな話をすると
「緑黄色不足がそんなに体に悪いなら、自炊すればいいでしょ!」
なんて、言われそうですよね!

でも、そういわれても、なかなか自炊ってできないんですよね(ー。ー)

 

また、料理を作っていて、緑黄色野菜は手間がかかるからついつい単色野菜が多くなる場合でも、じゃあ、いきなり緑黄色野菜を増やすことって難しいのではないか、と思います。

 

それなら、手軽に緑黄色野菜を摂ることができたらいいなぁ~!なんて思いませんか?

 

実は、緑黄色野菜を手軽に補うことのできる方法があるんです!

自炊しなくても、料理で手間をかけなくても、時間がなくても手軽に緑黄色野菜を補うことのできる方法はあるんです。

それは青汁です。

ほとんどの青汁の原料は、緑黄色野菜です。

ほとんど、というか、私は単色野菜が主原料の青汁を見たことがありません。

粉末状の青汁なら、水に溶かして飲むだけなので、時間がなくても簡単に摂る事ができますよね。

ですから手軽に、βカロテンをはじめ、緑黄色野菜含まれている栄養素を補うことができるんです。

青汁を飲む時間すらない、という事であれば、手軽だとは思えないかもしれません。

ただ、青汁ほど手軽に緑黄色野菜の成分を補うことができるものは、他にはないでしょう。

 

でも、青汁って本当にたくさんの種類がありますよね。

たくさんの種類があると、どれがいいんだか迷ってしまいませんか?

 

私は今までいくつかの種類の青汁を飲んできましたが、その中でおススメのものがあります。

それは、サンスター「粉末青汁」です!

5種類もの緑黄色野菜から作られた青汁なんです。

ですから、とっても栄養が豊富なんですよ。

また、粉末を水などに溶かせば飲むことができますので、非常に手軽ですよね。

これで緑黄色野菜の不足を手軽に補いやすくなりますよね。

 

サンスター「粉末青汁」を飲んだ体験談を別のサイトにまとめました。

興味のある方はそちらをご覧ください。
 私が飲んでいるおすすめしたい青汁 サンスター「粉末青汁」とは?

また、サンスター「粉末青汁」の詳しい情報は、販売ページで確認してください。
 サンスター「粉末青汁」販売ページへ

 





 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)