梅雨の頭痛は冷やすと良くなる!?梅雨に頭痛が多い原因と対処法!


梅雨 頭痛 冷やす について

 

梅雨になると頭痛になりやすくなる!
という人は多いですよね。

そこで、ここでは梅雨に頭痛が多くなる原因と対処法を紹介します。

梅雨の頭痛は冷やすと良くなるのでしょうか?

 

a0002_007917

 

梅雨の頭痛は冷やすと良くなる?梅雨の頭痛の原因と対処法

 

梅雨に頭痛が多くなる原因はまだはっきりとわかっていません。

そこで、まずは梅雨に頭痛が多くなる原因の有力な説を紹介します。

 

雨が降っているときは気圧が低くなっていることが多いです。

気圧が低くなるということは、体にかかる圧力も低くなる、という事になりますよね。

ということは、血管への外からの圧力も低くなりますので、血管が広がりやすくなる、ということが考えられます。

そうすると、血管が広がります。

それで、頭痛が引き起こされる、というのが一番有力な説です。

ちなみに血管が広がると頭痛が引き起こされるメカニズムはまだはっきりとしていません。

 

ということは、血管を収縮すれば頭痛はおさまるという事になりますよね。

血管を収縮するには冷やせばいい、という事になります。

ですから、梅雨の頭痛は冷やすと良くなる、と言われているんです。

 

実際に痛い場所を冷やすことで頭痛が治まった、という人は多いです。

ですから、痛みを感じる場所を冷やすといいでしょう。

 

ただし、梅雨に頭痛がするからと言って、必ずしも血管が広がったことが原因で頭痛が起こるというわけでもありません。

ストレスや緊張などによって、血管が縮んでしまうと、頭痛がひどくなります。

この場合は痛い場所を冷やすとますます痛みがひどくなります。

この場合は温める必要がありますよね。

 

血管が広がることによる頭痛は片頭痛です。

頭の片方が血管が脈打つようにズキンズキンするのが片頭痛の特徴です。

この場合は冷やすといいですよ。

 

頭が締め付けられるように痛む場合は、血管が縮むことが原因の頭痛です。

この場合は痛いところを温めるといいですよ。

 

あと、頭痛がひどい場合、鎮痛剤を飲めばおさまるでしょう。

ただ、鎮痛剤を飲み続けると、体が薬に慣れてしまって効かなくなります。

また、副作用も心配ですので、できるだけ鎮痛剤は飲まないほうがいいです。

どうしても我慢できない時、あるいは仕事などに支障がある時などだけにしたほうがいいですよ。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)