蕁麻疹(じんましん)が全身に突然出る原因と対処法!


蕁麻疹 じんましん 全身 突然 原因 対処法 について

 

突然全身に蕁麻疹(じんましん)が出てきてびっくりしたことって今までありませんか?

私は大人になってから3回ほどあります。

初めは「ひょっとして何か重病なのかなぁ?」と心配をしましたが、皮膚科に行ったり、その後いろいろ調べて安心したことがあります。

ただ、場合によっては重病のサインの場合もありますので、蕁麻疹だからといって軽く考えていると取り返しのつかないことになる場合もあります。

 

そこで、ここでは蕁麻疹が突然出てくる原因と対処法を紹介します。

 

atopy

 

蕁麻疹が全身に突然出てくる原因と対処法

 

蕁麻疹の原因は実に様々です。

 

アレルギーで蕁麻疹が出るというのは比較的知られているのではないでしょうか?

特定の食品を食べると蕁麻疹が出たり、あるいは金属が肌に触れると蕁麻疹が出たりすることがありますよね。

特定の食品にアレルギーがある場合、その食品を食べ続けることによって突然蕁麻疹が出てくることがほとんどです。

例えば卵がアレルゲン(アレルギーの原因物質)だとします。

ただ、今まで卵を蕁麻疹が出なかったとしても、それが積み重なることで突然卵を食べると蕁麻疹が出るようになる、というのがほとんどです。

 

それ以外にも蕁麻疹の原因は本当にさまざまなんです。

ストレス、汗、寒暖差、日光、皮膚のこすれ、肝臓や腎臓の異常などが原因で全身に蕁麻疹が突然出ることがあります。

 

これらの中で特に注意が必要なのが、肝臓や腎臓の異常で全身に蕁麻疹が出ることです。

腎臓の異常の場合は、発熱やむくみなど他にも症状が出ますので比較的わかりやすいです。

ただ、肝臓の場合は見逃しやすいです。

お酒を飲んだ次の日に蕁麻疹が出たら、肝臓が悪いと疑ったほうがいいですよ。

 

蕁麻疹の原因はいろいろありますが、そのせいか病院で診てもらっても原因不明の場合が多いです。

蕁麻疹で病院で診てもらった患者さんのうち7割近くが原因不明だと言われています。

 

ただ、対処法は原因が何であろうとほぼ同じです。

 

蕁麻疹の原因がはっきりしている場合は、その原因を取り除きます。

食べ物であればその食べないようにします。

金属であれば金属に触れないようにします。

内臓に異常がある場合は、その内臓の治療をします。

 

そして、原因が分かっているかどうかに関わらず、ステロイドを塗って蕁麻疹を抑えることが多いです。

ステロイドは薬局などでも売っていますので、市販薬を使って対処してもいいでしょう。

ただ、万が一蕁麻疹ではなかった場合、対処法が異なる場合があります。

ですから、蕁麻疹かどうかはっきりさせるためにも、一度皮膚科を受診することをおすすめします。

 

蕁麻疹は出てから数時間で消えてしまうことが多いです。

その場合は、特に病院に行く必要もないことが多いですが、心配であれば皮膚科を受診してください。

数日続くようなら、病院に行ったほうがいいですよ。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)