風邪で腰痛がひどい時の湿布の選び方!温湿布と冷湿布どちらがいい?


風邪 腰痛 湿布 について

 

風邪をひいて腰痛がひどくなることがありますよね。

そんなときのシップの選び方を紹介します。

風邪が原因の湿布は、温湿布と冷湿布、どちらが効果的なのでしょうか?

 

a0001_017659

 

風邪による腰痛を緩和するシップの選び方

 

風邪が原因の腰痛を緩和するためには、実は温湿布でも冷湿布でもどちらでも構いません

そもそも、温湿布と冷湿布には大きな違いがないのです。

配合成分を比べるとわかると思いますが、違いは温湿布にはカイサプシン(トウガラシの辛み成分)が配合されていて、冷湿布にはメントールが配合されていることだけです。

それ以外の成分には違いがほとんどありません(種類が同じなら)。

 

という事は、皮膚に貼った時に温かいと感じるか冷たいと感じるかの違いだけで、それ以外に効果などにほとんど違いはありません

 

また、温湿布も冷湿布の皮膚の表面の温度を下げます。

湿布には水分がたくさん含まれていますが、その水分が皮膚の表面の温度を下げてしまうのです。

ですから、温湿布といっても、実は皮膚の表面の温度は下がっています。

 

温湿布と冷湿布は体感以外に違いは全くない、と言い切ってもいいです。

 

という事は、温湿布と冷湿布に違いがほとんどないわけですから、風邪で腰痛になった時は、どちらを使ってもいい、という事になります。

 

私個人的には、体温が高い時に冷湿布を貼ったほうが気持ちがいいので、そちらのほうがいいかな、と思います。

また、悪寒がするときは温湿布のほうがいいかな、という気はします。

ただ、温湿布と冷湿布のどちらを使うかは個人の好みで選んでも何ら問題はありません

 

一応、腰痛には温湿布のほうがいいかもしれないが、好みを優先したほうがいい、と言われています。

というのは、カイサプシンには血液の流れを良くする働きがあるので、ひょっとしたら腰痛の治りが早くなるかもしれない、と言われているからです。

ただ、温湿布に含まれているカイサプシンの量は少ないので、血液の流れを良くすることはまずないだろう、ひょっとしたら血流が良くなるかもしれないけど…、なんて言われています。

 

風邪で腰痛がひどい時には、インドメタシン配合の湿布が腰痛を緩和する効果が高い、と言われています。

 

風邪によって腰痛がひどくなるのは、非常に平たく言うと、腰の痛み成分を取り除く機能が低下するためです。

 

ほとんどの人は日常生活を送っていると、腰に痛み成分が発生している、と言われています。

ただ、痛み成分を取り除く機能が正常に働いているので、腰の痛みを感じないわけです。

腰痛持ちであれば、痛み成分を取り除く機能が低下しているか、痛み成分の発生量が多すぎて取り除くことができないか、のどちらかです。

ただ、風邪ウイルスに感染すると、体は風邪ウイルスを退治することに集中します。

それで、腰の痛み成分を取り除く機能が低下してしまうのです。

だから、痛み成分が腰に残るので、腰痛が発生してしまうのです。

 

インドメタシンは痛み成分の発生を抑える効果が高い、と言われています。

ですから、インドメタシン配合の湿布は風邪による腰痛緩和の効果が高い、という事になるのです。

 

風邪による腰痛を緩和するには、温湿布か冷湿布かで選ぶのではなく、インドメタシン配合の湿布を選んだほうがいいですよ。

ただ、インドメタシンは消化器官への負担が大きくなりますので、胃のムカつきや胸やけ、ひどいと胃炎や胃潰瘍などといった副作用を起こす可能性があります。

長時間連続で使用することは控えるべきです。

kazeyobou

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)