骨の老化を防ぐ食事~カルシウムだけでは防ぐことができない?


骨の老化 防ぐ 食事 について

 

骨の老化とは、骨がもろくなって骨折しやすくなったり、さまざまな悪い症状を引き起こしやすくなることです。

その代表が骨粗鬆症になりますね。

 

骨の老化は、食事や運動などをすることである程度は防ぐことができます。

 

そこで、ここでは骨の老化を防ぐ食事のポイントを紹介します。

 

body_hone_bad

 

骨の老化を防ぐ食事のポイント

 

骨の老化を防ぐには、カルシウムを摂ることが大切だ、と言われていますよね。

ただ、カルシウムさえ摂っていれば骨の老化を防ぐことができるのかといえば、そういうわけではありません。

せっかくカルシウムを摂っても、ビタミンDが不足していたら、カルシウムが骨に付着しません。

つまり、全くの無駄だという事になります。

 

ですから、骨の老化を防ぐには、カルシウムと同時にビタミンDも一緒に摂るようにする必要があります。

ビタミンDは、さけ、さんま、さば、まぐろなど、魚類にたくさん含まれていますよ。

 

ちなみに、魚の骨にはカルシウムが含まれています。

それで、さばなどを煮込めば骨まで軟らかくなって食べることができますよね。

ですから、骨の老化を防ぐには、さばなどの煮込みがいいのではないか、と思います。

カルシウムとビタミンDを同時に摂ることができますよね。

 

また、カルシウムとビタミンDさえ摂取していれば骨の老化を防ぐことができるのかといえば、そういうわけでもありません。

大原則は栄養バランスのとれた食事をすることです。

そのうえで、カルシウムとビタミンDを積極的に摂るようにするといいでしょう。

 

また、食事だけで骨の老化を防ぐことができるのかといえば、そういうわけではありません。

適度な運動と十分な睡眠も必要です。

運動はあまり無理しても体に良くありませんので、まずは軽く散歩から始めてみてはいかがでしょうか?

 

また、特に女性の場合は閉経によって、女性ホルモンの分泌量が急激に減少することで骨の老化が一気に進むことがあります。

その場合は、ホルモンを補充する治療法もありますので、ひどい場合には病院で診てもらったほうがいいですよ。

女性に限らず男性もひどい場合には病院で診てもらったほうがいいですよ。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)