巻き肩の原因と予防法~腕が上がらなくなる前にできることとは?


巻き肩 原因 予防 について

 

最近、巻き肩になる人が増えているそうですね。

巻き肩とは、肩が前に出て内側にねじれた状態のことです。

そうなると、神経が圧迫されたりするので、肩に鈍い痛みを感じたり、腕が上がらなくなることもあるんです。

そうなるとかなりツラいですよね。

 

そこで、ここではそういったツラい状態にならないためにも、巻き肩の原因と予防法を紹介します。

 

doctor

 

巻き肩の原因と予防法

 

最近、巻き肩の人が増えた原因は、パソコンやスマホだと言われています。

 

パソコンやスマホをしている時、前のめりになっている人が多いですよね。

そうすると、肩が前に出やすくなります。

そして、内側にねじれやすくなるのです。

 

パソコンやスマホなどによる巻き肩を防ぐには、まず背筋を伸ばすことです。

そうすると、肩が前に出にくくなります。

そして、パソコンの場合はキーボードをなるべく体の近くに置くようにすると、肩が内側にねじれるのを防ぐことができますよ。

また、スマホの場合は床や柔らかいソファーに座って操作するのではなく、かたい椅子に座ったり、立ったまま操作すれば、巻き肩を防ぐことができますよ。

 

 

また、パソコンやスマホなどの操作に関係なく、猫背も巻き肩の原因になります。

猫背になると背中の筋肉を使わなくなります。

そうすると、筋肉が衰えてしまいます。

すると、腕を支えることができなくなり、肩が前に出てしまいます。

猫背だと重力の影響で肩が前に出てしまいますよね。

その状態から内側にねじれたら巻き肩になりますよね。

 

この場合は、猫背を改善しないと巻き肩を予防するのは不可能です。

 

 

そして、横になって寝ていると、巻き肩になりやすくなります。

横になって寝ていると、肩が内側にねじれやすい状態ですよね。

この場合、いつも同じ側に横になっていると、片方だけ巻き肩になる可能性があります。

 

横になって寝ている場合の巻き肩を防ぐ方法は、仰向けになって寝るようにするしか方法はないです。

 

 

以上が巻き肩の主な3つの原因と予防法です。

 

巻き肩を改善するストレッチなどが紹介されていますが、根本的なところを変えていかないと、巻き肩を改善することは難しいです。

パソコンやスマホをしているときの姿勢、猫背、寝る時の姿勢などを改善していくことで、巻き肩の予防や改善になりますよ。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)