男性が骨粗鬆症になる原因~骨粗鬆症を予防するために!


男性 骨粗鬆症 原因 予防 について

 

骨粗鬆症は女性に多い病気ですね。

男性は女性と比べると、もともと骨密度が高く、また閉経のような急激にホルモンバランスが変化することがありませんので、骨粗鬆症になりにくいと言われています。

そういったこともあって、骨粗鬆症患者のうち、7~8割は女性だと言われています。

 

ただし、2~3割は男性なのです。

男性は女性と比べると骨粗鬆症になりにくいとはいえ、男性が骨粗鬆症になるのが珍しいことでは決してありません。

男性だって骨粗鬆症になる可能性が十分にあるのです。

 

そこで、ここでは男性が骨粗鬆症になる原因と予防のポイントを紹介します。

 

body_hone_bad

 

男性が骨粗鬆症になる原因

 

男性が骨粗鬆症になる原因で多いのが、何かの病気の時です。

 

胃の疾患や糖尿病だと、骨粗鬆症になりやすくなります。

 

骨の原料になるカルシウムは、胃酸によって分解されて吸収されます。

それで、胃がんなどで胃を切除した場合、胃酸の分泌が悪くなってカルシウムが分解されず、吸収されにくくなります。

そうなると、骨粗鬆症になりやすくなります。

また、胃潰瘍の薬には胃酸の分泌を抑えるものがあります。

それで、胃潰瘍の薬を飲み続けると、カルシウムが分解されなくなるので吸収されにくくなります。

ですから、骨粗鬆症になりやすくなるのです。

 

また、糖尿病になると骨密度が低下しなくても骨折やすくなることがわかってきました。

高血圧などの生活習慣病やメタボでも骨折しやすくなります。

 

ですから、病気を抱えている場合は注意が必要になります。

 

ただ、病気でなくても骨粗鬆症になる可能性は十分にあります。

タバコやアルコールは骨粗鬆症の大きな原因になります。

また、栄養バランスの悪い食事が続くと、骨粗鬆症になりやすくなります。

運動不足も骨粗鬆症の原因になります。

 

簡単に言えば、不健康な生活を送っていれば、骨粗鬆症になる可能性が高くなる、という事になりますね。

 

骨粗鬆症を予防するポイント

 

骨粗鬆症を予防するには、カルシウムを取っていればいいというわけではありません。

カルシウムを吸収するのにビタミンDが必要になります。

また、たんぱく質が不足すると骨粗鬆症になりやすくなります。

その他、骨粗鬆症を予防するには様々な栄養が必要になります。

ですから、骨粗鬆症を予防するには、栄養バランスのとれた食事が大切になりますよ。

 

また、運動不足で骨に負荷がかかっていないと、骨はカルシウムを蓄えようとしなくなるので骨粗鬆症になる可能性があります。

ですから、骨粗鬆症を予防するには、適度な運動が大切になります。

 

骨粗鬆症の患者は男性の場合、65歳以上が多くなります。

ですから、65歳になったら骨密度を検査してもらうといいでしょう。

また、家族に骨粗鬆症の人がいたり、あるいは骨粗鬆症になりやすい生活を送っているのであれば、早めに検査してもらったほうがいいですよ。

早めに対策をしておけば、重症になるのを防ぐことができますよね。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)