ストレスによる胃痛の時の食事のポイント~胃痛を良くするために


ストレス 胃痛 食事 について

 

ストレスがたまると胃痛がする、という経験は多くの人がしているのではないでしょうか?

そんな時、食事はどうしたらいいんだろう、なんて悩んだことはありませんか?

 

そこで、ここではストレスによる胃痛の時の食事のポイントを紹介します。

 

a1640_000376

 

ストレスによる胃痛の時の食事のポイント

 

ストレスが続くと消化に必要な胃酸が分泌され、胃にダメージを与えるので胃が痛くなります。

そんな時に食事で胃に負担をかけてしまうと、ますます胃が痛くなってしまいます。

ですから、できるだけ胃への負担が軽い食事を心がけることが大切になります。

消化の悪いものを避けていれば問題ないことが多いですが、胃痛がひどくてつらい時には、おかゆなど消化に良いものを食べるといいでしょう。

 

また、香辛料、揚げ物、酸味のあるものなどは胃に負担になりますので、できるだけ避けたほうがいいです。

そして、コーヒーやお茶は胃酸の分泌を促してしまい、ますます胃痛がひどくなりますので避けるべきです。

アルコールも避けるべきですよ。

タバコも胃に負担になりますが、吸わないとストレスになるのであれば無理して我慢する必要もないでしょう。

ただ、ストレスにならない程度に本数を減らしたほうがいいですよ。

 

また、食事の時間も大切になります。

夜遅くに食事をすると、胃に負担になりますので、胃痛がひどくなります。

せめて寝る2時間前には食事を終了したほうがいいです。

 

胃痛で食欲がない場合は、無理して食事をする必要はありません。

ただ、食事を抜くと夜遅くにおなかが空いてしまって食べてしまう場合は、多少無理してでも食べたほうがいいです。

本当は少々無理してでも3食しっかりと食べたほうがいいです。

食事回数が減ったことによって1回分の食事量が増えてしまったら、胃に負担になります。

1回の食事を適正量にするためにも、3食しっかりと食べたほうがいいですよ。

 

あと、胃に優しいと言われている食材を紹介します。

 

 キャベツ

キャベツに含まれているビタミンUは、胃の粘膜を保護したり、胃の血流を良くしたりする働きがあります。

ちなみに胃薬でおなじみの「キャベジン」の主成分は、ビタミンUです。

 

 大根

大根には消化を助ける酵素ジアスターゼが含まれています。

酵素は熱に弱いので、生で食べるようにするといいです。

 

 リンゴ

りんごに含まれるペクチンは、消化を助け、胃を保護してくれます。

 

 やまいも

やまいもには消化を助ける酵素が含まれています。

 

 納豆

納豆には消化を助ける酵素が含まれています。

 

 レンコン

レンコンに含まれるタンニンには、ストレス性の胃痛の緩和に効果的だと言われています。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)