緑内障を予防する食事~食べるものを変えるだけで緑内障を防げる?


緑内障 予防 食事 について

 

緑内障は視野の一部が欠ける病気です。

欠けてしまった視野は現在の医療では元に戻すことは不可能です。

それで、今のところ進行をとめるしか治療法はありません。

 

緑内障の治療は専門医(眼科など)で行う必要があります。

ただ、それだけではなく、食事を見直すことである程度は予防にもなります。

 

そこで、ここでは緑内障を予防する食事について紹介します。

 

 

 

緑内障の原因・メカニズム

 

緑内障は目の周りの神経の細胞が機能しなくなることが原因になります。

細胞が機能しなくなったところの視野が欠ける、と考えて大丈夫です。

今のところ、一度機能しなくなった細胞は元には戻らないので緑内障は治らない、と言われています。

 

それで、神経の細胞が機能しなくなる原因は、今のところはっきりしていません。

かつては眼圧(目の中の圧力)が高くなることが原因と考えられていました。

しかし、最近では眼圧が高くならなくても緑内障になるケースが増えています。

眼圧が高くなること以外で緑内障が発症するメカニズムはまだはっきりとは分かっていません。

 

ということは、予防法も確率はされていません。

ただ、生活習慣が乱れている人が緑内障になりやすい、と考えられています。

栄養バランスの乱れ、運動不足、睡眠不足、生活リズムの乱れ、ストレスなど、生活習慣が原因で緑内障になる、と考えられています。

そして、眼精疲労など、目の不健康も緑内障の原因になる、と考えられています。

 

緑内障を予防する食事

 

緑内障を予防する食事は、生活習慣病を予防する食事と同じだと考えられています。

そのポイントは、脂質や糖質の摂り過ぎないようにし、ビタミンやミネラルを積極的に摂ると良い、とされています。

つまり、肉類、菓子類、甘いものを減らし、ご飯(白米)などの主食を食べ過ぎないようにし、野菜をたくさん食べるといい、という事になります。

 

あと、目の健康に良いと言われているものを積極的に食べるといいです。

 

目の健康に良いという事で有名なのが、ブルーベリーですね。

ブルーベリーに含まれているアントシアニンが目の健康に良い、とされています。

それ以外にも、魚介類で赤っぽい色をしたもの(カニ、エビ、鮭など)には、アスタキサンチンが含まれているので、目の健康に良い、とされています。

また、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれているルテインという成分も目の健康に効果的だとされています。

 

栄養バランスのとれた食事を心がけながらも、目の健康に良い食べ物を積極的に食べるといいですよ。

 

目に良い栄養素は、サプリメントを使うと効率的に摂ることができますので、おすすめです。

なかでも、みやびの「ビルベリープレミアム」は、目に良い成分が豊富に含まれていますのでおすすめです。

詳しくは下のリンクをクリックすると確認できます。

 「ビルベリープレミアム」詳しくはこちら


 





 

ただ、食事だけでは緑内障の予防はできません。

適度な運動をし、十分な睡眠を取り、規則正しい生活を送り、ストレスをためないようにすることなども緑内障予防には非常に大切ですよ。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)