老眼予防は何歳から始めるといいのか?効果的な方法とは?


老眼予防 何歳 方法 について

 

老眼になると近くのものが見えにくくなります。

そうすると、目の疲れがひどくなったりしますので、集中力が欠けたり、やる気がなくなってきたりもします。

ですから、老眼にならないように予防できたらいいですよね。

 

そこで、ここでは老眼予防は何歳から始めたほうがいいのか、そして、具体的にどのような方法が予防に効果的なのか、紹介します。

 

doctor

 

老眼は治すことができるのか?

 

老眼は非常に簡単に言うと、目の機能の老化です。

 

それで、年齢を重ねるとあらゆるところが老化しますよね。

そして、老化してしまったら、元に戻すのは非常に難しいですよね。

 

ただ、肌の老化が進んでしまった場合、老化で失ってしまったものを補うことである程度は若返りができます。

 

しかし、内臓などの体内器官は老化が進むと元に戻すことがほぼ不可能になります。

例えば、年を重ねて胃腸が弱くなった場合、どう頑張っても若い時のように暴飲暴食をすることはできなくなりますよね。

それは、若い頃の胃腸に戻すことが難しいからです。

 

目も同じです。

目が老化してしまったら、元に戻すことは無理だと言われています。

また、胃腸の老化を防ぐことができないのと同じように、目の老化も防ぐことは難しいです。

 

ただし、普段から胃腸をいたわっていれば老化を遅らせることができるのと同じように、目もきちんといたわれば、老化を防ぐことができるんです。

つまり、完全に老眼(目の老化)を防ぐことはほぼ無理ですが、老眼を遅らせたりすることは可能です。

 

ここでは老眼予防のことを、老眼を遅らせることとします。

 

老眼予防は何歳から始めるべきか?

 

老眼予防は早く始めたほうがいいです。

20代で老眼予防を始めることができるのであれば、始めたほうがいいです。

胃腸も、若い時から胃腸をいたわっていれば、老化が始まるのが遅くなりますよね。

それと同じように目も若い時からきちんといたわっていれば、老化は防ぐことができます。

 

ただ、20代で老眼予防を考えることはなかなかないと思います。

実際に意識し始めるのは、老眼が始まることからではないでしょうか?

 

老眼を自覚し始めるのは、45歳くらいからと言われています。

ただ、個人差はあって、30代から老眼が始まる人もいます。

そういったことを考えると、老眼予防は30代後半から始めたほうがいいでしょう。

遅くとも40代前半から始めておいたほうがいいですよ。

 

老眼予防の方法

 

老化が早まる原因の1つに、筋肉の酷使があります。

筋肉を使いすぎて休ませなかった場合、筋肉が凝り固まってしまいますよね。

 

目も同じです。

目周辺の筋肉を酷使すると凝り固まってしまいます。

そうなると、老化が早まります。

 

ですから、老眼予防の1つは、目が疲れたら十分に休ませることです。

パソコンやスマホなどで目が疲れたら、きちんと目を休ませることで老眼予防になります

 

そして、老化のもう1つの原因は、活性酸素です。

活性酸素は細胞を傷つけます。

そうすると、老化が進行します。

それで、若い時は活性酸素を取り除く働きが強いですから、あまり細胞が傷つかなかったんですが、年を取ると活性酸素を取り除く働きが弱まりますので、細胞が傷つけられやすくなります。

ですから、老化が始まるのです。

 

活性酸素を取り除くには食事を見直すといいです。

ポリフェノールに活性酸素を取り除く働きがあります。

そして、目周辺の活性酸素を取り除く働きが強いのが、ブルーベリーに含まれているアントシアニンというポリフェノールです。

ブルーベリーは目の健康に良いと言われていますが、老眼予防にもなりますよ。

 

また、ルテインという成分は活性酸素を取り除く働きが強いので、老眼予防に効果的だと言われています。

ルテインは、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜にたくさん含まれています。

 

また、アスタキサンチンという成分も活性酸素を取り除く作用が強いです。

アスタキサンチンは、カニやエビ、サケなど赤っぽい色をした魚介類に含まれています。

 

アントシアニン、ルテイン、アスタキサンチンには、目周辺の器官に直接作用をして目を健康的にしてくれます。

老眼予防にもおすすめですよ。

 

また、目の周辺の血液の流れを良くすれば、筋肉を柔軟にすることができますので、老眼を予防することができます。

青魚は血液の流れを良くすることで知られていますので、積極的に食べるといいでしょう。

 

そして、食べ物だけではなく、目周辺をマッサージすることで血液の流れが良くなります。

また、目を閉じたり開いたりを繰り返すと目周辺の筋肉を柔軟にすることができますので、目が疲れたときなどにするといいですよ。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)