花粉症皮膚炎の症状と治し方!かゆみや湿疹から解放されるために!


花粉症皮膚炎 症状 治し方 について

 

最近、花粉症皮膚炎という言葉を耳にするようになりました。

文字通り花粉によるアレルギー反応で皮膚に炎症が起こることです。

 

ここでは、花粉症皮膚炎の症状と治し方について紹介します。

 

doctor

 

花粉症皮膚炎の原因

 

まずは、花粉症皮膚炎の原因について簡単に触れておきます。

 

花粉症が皮膚を刺激することで炎症を起こすのが花粉症皮膚炎です。

ただ、通常は皮膚は花粉が皮膚の内側を刺激しないようにバリアしています。

しかし、バリア機能が低下すると、花粉が皮膚の内側を刺激するので、炎症を引き起こします。

 

乾燥肌は肌のバリア機能低下が原因で引き起こされます。

また、アトピー性皮膚炎の場合も肌のバリア機能は低下しています。

その他、肌トラブルがある場合は、肌のバリア機能が低下している可能性があります。

そういった肌トラブルがある場合は、花粉症皮膚炎になる可能性が高くなりますので、注意が必要です。

 

ただし、花粉に対して免疫機能が反応しない場合は、炎症は起こりません。

ですから、花粉症の症状が一切ないのであれば、花粉症皮膚炎にはならないです。

しかし、花粉症は花粉を浴び続けるとある日突然発症します。

今現在、花粉症の症状が一切ない、という事であっても花粉症皮膚炎になる可能性はゼロではありませんので、注意が必要です。

 

花粉症皮膚炎の症状

 

花粉症皮膚炎の症状は以下の通りです。

  • かゆみ
  • 赤く腫れぼったい
  • じんましんに似た赤いボツボツ
  • カサカサする

特に目の周りが赤く腫れたり、顔や首など露出しているところに上のような症状が出やすくなります。

アトピー性皮膚胃炎のような赤くじゅくじゅくするほどひどくなることは少ないです。

 

花粉症皮膚炎の治し方

 

花粉症皮膚炎で大切なのは、とにかく花粉を体に付けないことです。

外出するときは、マスクなどでなるべく顔を覆うようにするといいです。

首回りも何とか工夫して覆うといいでしょう。

そして、家に帰ってきたら、洗顔をして花粉を洗い流すといいです。

首回りまできれいに洗う必要があります。

もちろん、シャワーを浴びて全身をきれいにしたほうがいいですよ。

その時、花粉は皮脂と混ざっていますので、すすぐだけではなく、きちんと石鹸を使って皮脂汚れを洗い流すようにすべきです。

ただし、石鹸を使った時に刺激を感じたら、その石鹸は使用しないほうがいいです。

その場合は水ですすぐだけにしたほうがいいでしょう。

 

そして、肌の保湿をしっかりと行って、皮膚にバリアを作ることも大切です。

化粧水や美容液でしっかり水分を与え、乳液やクリームでしっかり保護するといいでしょう。

ただし、化粧品を使って刺激を感じる場合は、その化粧品を使わないほうがいいです。

その場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

 

そして、家の中に花粉をもちこまないようにすることも大切です。

服やカバンなどに付いた花粉はしっかりと払い落とすようにすべきです。

 

また、ほとんどの花粉症の薬は花粉症皮膚炎に対して有効です。

薬が効いているときは花粉症皮膚炎の症状は軽くなるでしょう。

また、アトピー性皮膚炎の塗り薬(ステロイド剤など)も有効です。

薬を使うときは、副作用に十分な注意が必要です。

容量などはきちんと守ってください。

 

花粉症皮膚炎の疑いがある時は、できるだけ皮膚科を受診したほうがいいです。

そのほうが正確に対処できますので、早く治すことができますよ。

花粉症皮膚炎だと思っていたけど、実はアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)が花粉ではない、なんてことになったら、対処法が違いますので、なかなか治らないという事になりかねません。

花粉症の薬や炎症を抑える市販の塗り薬を使うのは、どうしても皮膚科に行くことができない場合に限ったほうがいいですよ。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)