風邪の治し方 熱が高い時の対処法


風邪の治し方 熱 について

 

風邪をひいて熱が出たとき、早く熱を下げようと解熱剤を飲んだりしていませんか?

そもそも、熱が出たときは早く熱を下げたほうがいいのでしょうか?

ここでは風邪で熱が出たときの対処法を紹介します。

a0001_014018

 

風邪の治し方 熱が出たときの対処法

 

まずは結論から、風邪で熱が高くなっても無理して熱を下げようとするのはよくありません

 

風邪をひくと熱が高くなるのは、そのほうが風邪ウイルスを退治しやすいからです。

風邪ウイルスを退治するためにわざと熱を出しているわけですから、それを解熱剤を飲んで無理やり下げるのはよくありません。

風邪で熱が出たときは、できれば解熱剤を飲まないほうがいいです。

 

ただし、我慢ができないほど熱が高くなったら、解熱剤を飲んで熱を下げても問題はないでしょう。

眠れないほど高熱が出た場合は、解熱剤を飲んで熱を下げ少しは楽になってから寝たほうがいいこともあります。

また、熱が40℃を超えたら危険ですので、一度解熱剤を飲んで熱を下げ、医師に診てもらったほうがいいです。

 

ちなみに、熱を下げようとおでこを濡れたタオルなどで冷やしたり、あるいは氷枕などを使ったりすることがあるかもしれません。

しかし、そんなことをしても熱はほとんど下がりません

ただ、それで楽になるのであればおでこや頭を冷やすのもいいですが、悪寒がするのにおでこや頭を冷やすのはよくありません。

悪寒を感じたら、すぐにおでこや頭を冷やすのをやめましょう。

 

また、風邪で熱が出たときは、服を何枚も着て布団を何重にも重ねて、汗をかいたほうが早く治ると思っている方もいますよね。

そのように体を温めて汗をたくさん出そうとすると、逆に治りが悪くなります

汗をかくと体力を消耗するのですが、風邪ウイルスを退治するための体力まで奪われてしまいます。

そして、汗をかいてそのまま放置すると、体が冷えることがあります。

そうなると、ますます風邪が治らなくなります。

 

風邪をひいたときは体を冷やさないように厚着をして布団をかぶることは大切です。

ただし、汗をかくまで厚着をして布団を重ねるのはよくありません。

無理に汗をかかない程度にしておくべきですよ。

 

風邪で熱が出るのは、風邪ウイルスを退治するためです。

風邪ウイルスが退治されれば自然と熱は下がります。

ですから、熱を下げることを考えるのではなくて、風邪ウイルスを退治することを考えたほうが早く風邪による熱を下げることができますよ。

 

風邪ウイルスを退治するには、十分な栄養と休養が大切です。

kazeyobou

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)