更年期障害 男性は何歳から?女性との違いはあるの?


更年期障害 男性 何歳 について

 

ここでは、更年期障害が男性の場合は何歳から発症するのか、また、女性との違いについても紹介します。

 

a0055_000564

 

男性の更年期障害は何歳から?

 

男性の更年期障害は、だいたい40歳以降であればいつでも発症する可能性があります。

60歳、70歳でも発症する可能性はあります。

また、人によっては30代で発症することもあるのです。

 

女性の場合は、だいたい45歳くらいに閉経を迎えますが、その時に発症しますよね。

そして、通常は2~3年、長くても5年以内に症状が治まることがほとんどです。

治療を受けなくても、時期が来たら治ると言われています。

ただ、命に係わることがありますので、治療は受けるべきですけどね。

 

しかし、男性の更年期障害の場合は、30代後半からいつなってもおかしくはありません。

また、治療を受けないと何年たっても症状がおさまらないことが多く、最悪何十年も症状が続くことがあります。

 

男性の更年期障害の原因は男性ホルモンの分泌量が減ることです。

女性の場合は、女性ホルモンの分泌量が減ることです。

 

それで、女性は閉経の時に女性ホルモンが劇的に減ります。

ですから、誰もが大体同じような時期に症状を引き起こし、数年で症状が治まってしまいます。

 

それに対して男性の場合は、劇的に男性ホルモンが減る時がなく、30歳を超えたあたりから徐々に減っていきます。

それで、減る度合いが人によって大きく違うため、30代後半で発症する人もいれば、70代で発症する人もいるのです。

また、全く症状が引き起こされない人も少なくありません。

 

女性の更年期障害は多くの人がどのような症状が引き起こされるのか知っています。

ですから、周りがどのように対応すればいいのかわかっています。

 

それに対して男性の更年期障害はあまり知られていません。

ですから、周りがどのように対応していいのかが分からないことが多いです。

 

男性更年期障害の主な症状は、精力減退、性欲の低下、うつ、やる気喪失、集中力低下などです。

少しでもおかしいと思ったら、病院で診てもらうといいでしょう。

対応が遅いと、脳梗塞や心筋梗塞など、命に係わる病気になる可能性が高くなりますよ。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)