百日咳に大人がなった場合仕事は休むべきか?


百日咳 大人 仕事 について

 

ここ数年、百日咳になる大人が増えています。

患者のうち、20歳以上の割合は2001年には2.6%だったのに対して、2010年には50%を超えているということですね。

 

そこで、ここでは大人が百日咳になった場合、仕事を休むべきなのか、そして、休むのであればどれくらいの期間なのか、紹介します。

 

virus_seki

 

百日咳に大人がなる原因と症状・経過

 

まずは百日咳大人がなる原因と症状、経過などを紹介します。

 

百日咳は、百日咳菌に感染することが原因です。

百日咳の予防接種は、生後1年~2年にするのが普通です。

しかし、予防接種後10年~12年で効果が薄れてしまうために、大人になると百日咳菌に感染する、と言われています。

 

ただ、なぜここ数年で急激に大人が百日咳菌に感染するようになったのかは不明です。

百日咳は咳が長期間続くものの重症化することはほとんどありません。

それで、以前は病院に行かない人も多かったのではないか、とか、以前は医者が風邪と間違えていたから、以前は感染した人の数が少ないだけ、という考えもあります。

つまり、以前も百日咳になった人は実は多かったのではないか、という考えがあるのです。

 

さて、百日咳は菌に感染すると、1週間から10日間の発症期間を経て発症します。

それから2週間以上咳が続きます。

その後、咳はおさまっていきますが、発症から2~3ヶ月は咳が出ることもあります。

百日咳菌は発症から2週間~3週間くらいで排出されますので、咳は軽くなりますが、菌が出した毒素がしばらく体内に残るので、しばらくは咳が時々出てしまうのです。

 

百日咳に大人がなったら仕事を休むべきか?

 

大人の場合、百日咳になっても咳が続くだけで重症化することはほとんどありません。

風邪をひいただけだと思い、熱はないため、病院に行かない人も多いくらいです。

ですから、体を激しく動かさない限り、普通に仕事ができると思います。

 

ただし、百日咳菌の感染力は強く、他の人が感染してしまう可能性が高いです。

ですから、他の人に感染するのを防ぐために、咳が軽くなるまで(発症から2~3週間)仕事を休むのが理想です。

 

しかし、咳が続くだけだと職場によっては、なかなか仕事を休むことができないのではないでしょうか?

ただ、体を激しく動かさない仕事であれば、休まなくても症状が悪化することはあまり考えられません。

ですから、患者さん本人だけのことを考えると、体を動かさない仕事であれば特に問題はないでしょう。

 

ただし、他の人に感染しないように、きちんとマスクをすることが大切です。

マスクは正しく使い、百日咳菌が他の人にうつらないように心がけましょう。

 

もし、サービス業などでお客様に百日咳菌を感染させてはいけない場合、あるいは咳が続くと支障が出る仕事の場合などは、職場に相談する必要がありますね。

 

百日咳になったら病院に行きましょう

抗生物質を処方されると思いますので、それを飲めば少しでも早く治すことができるでしょう。

発症から2~3週間たった場合など、処方されなこともあります。

あと、たんを出しやすくするために水分補給をしっかりしたり、休養や栄養をしっかり摂ることも大切ですよ。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)