秋バテで体がだるい時の対処法!~知らないと損する秋バテ対策!


 

「秋になったのに、夏バテの時のように体がだるいんだけど…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

せっかく秋になって過ごしやすくなってきたのに、体がだるいのが続くと、本当にツラいですよね。

暑い日々が終わったのにもかかわらず、体がだるい日が続くと、もうイヤになってしまいますよね。

 

「秋になっても体がだるいのをなんとかしたい!」
と、あなたは思いませんか?

 

そこで、ここでは秋バテで体がだるい時の対処法を紹介します。

 

doctor

秋バテで体がだるくなる原因は?

 

まずは、簡単に秋バテの原因を紹介します。

 

秋バテは自律神経が乱れることで起こります。

それで、秋に自律神経が乱れる大きな原因は、寒暖差です。

秋になると、日によって気温の差が大きくなりますよね。

また、1日の温度差も大きくなりますよね。

 

それで、私たちの体には気温の変化に関わらず、体温を一定に保つ働きがあります。

その働きをしているのが、自律神経です。

気温が高くなると、汗をかくなどして体温が上がらないように、自律神経が体の各器官に働きかけます。

逆に気温が低くなると、体温が下がらないように自律神経が各器官に働きかけます。

 

それで、寒暖差が大きくなると、自律神経は体温を下げないようにしたり上がらないようにしたり、コロコロ働きを変えていかなくなりますよね。

その変化に自律神経がついていけなくなってしまうわけですね。

そうなると、自律神経が乱れてしまうので、体がだるくなってしまうのです。

 

その他、夏に食欲がなかった場合、秋になると急に食欲が出てきて食べ過ぎてしまい、胃腸の調子が悪くなることがあります。

胃腸の調子が悪くなると、自律神経が乱れますので、体がだるくなります。

 

また、秋は夏と比べると低気圧が多くなります。

それで、気圧が低くなると、体を押さえつける圧力が低くなりますので、血管が広がります。

また、酸素が薄くなったりもしますよね。

そうなると、自律神経がそれに合わせて体を調節しようとします。

それで、気圧が徐々に下がるのであればいいんですが、急激に下がると自律神経が気圧の変化についていけなくなります。

そのせいで、自律神経が乱れてしまうのです。

 

自律神経が乱れる原因はいろいろあるんですが、とにかく秋は自律神経が乱れてしまいがちなので、体がだるくなります

 

秋バテで体がだるい時の対処法

 

秋バテで体がだるい原因は、自律神経の乱れです。

それで、まずは自律神経が乱れる原因を取り除く必要があります。

 

まず、秋特有ではありませんが、ストレスや生活リズムの乱れ(睡眠不足など)、運動不足などは自律神経が乱れる原因になります。

それで、ストレスがたまっていたり、あるいは生活リズムが乱れていたり、運動不足だったりすると、自律神経が乱れやすい状態にある、ということになります。

それにプラス、秋特有の原因(寒暖差など)が加わるので、自律神経が乱れてしまって体がだるくなることが多いです。

ですから、ストレスを発散し、生活リズムの乱れを整え、運動不足を解消するようにするといいですよ。

 

そして、食べ過ぎなどで胃腸の調子が悪い場合は、食べ過ぎないように心がけるべきです。

 

ただ、秋バテの大きな原因は、寒暖差です。

服装を調節するなどして寒暖差をあまり体が感じないようにするといいですよ。

暖かい日は薄着になり、寒い日は厚着になるなどして、服装を調節するといいでしょう。

また、特に夜は寒くなる傾向がありますので、一枚はおれるものを用意しておいて、寒くなったら着るようにするといいでしょう。

 

そして、食事も非常に大切になります。

栄養バランスの乱れた食事は、自律神経が大きく乱れる原因になります。

特に、食欲の秋と言われますが、場合によっては栄養バランスが崩れがちです。

旬な食べ物だけでも十分に栄養バランスは取れますが、ある特定の食べ物ばかり食べていると栄養バランスは崩れてしまいます。

そうなると、自律神経は乱れてしまい、秋バテになってしまうのです。

ですから、栄養バランスの取れた食事を心がけるといいですよ。

 

自律神経の乱れを整えるための食事のポイントは、別のページで紹介しました。

興味があれば、そちらを参考にしてください。

 自律神経を整える食事!2つのポイントを押さえて毎日快調!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)