うつの改善にブロッコリーが効果的ってホント?知らないと損!


 

なんと、ブロッコリーにうつ病を改善する効果がある、ということが明らかになったんです!

 

うつ病になると、本当にツラいですよね。

それで、病院などで治療をしてもなかなか治らず、長期間にわたってツラい思いをし続けますよね。

 

それで、ブロッコリーは比較的手軽に食べることができますので、それでうつ病が良くなるのであればかなりの朗報だと思いませんか?

 

では、なぜブロッコリーにうつ病を良くする効果があるのでしょうか?

 

doctor

ブロッコリーのうつ病を改善する効果

 

ブロッコリーのうつ病をよくする成分は、“スルフォラファン”という成分であると考えらえています。

スルフォラファンには、肝臓の機能を回復したり、動脈硬化を改善する効果があるとして注目されていますよね。

そして、なんと、うつ病を良くする効果がある、ということがわかったんです。

 

これは、マウスによる実験で明らかになりました。

スルフォラファンを注射したマウスと注射してないマウスにストレスを与え続けた結果、注射したマウスはうつ病にはならず、注射しなかったマウスはうつ病になった、という結果が出たんです。

 

そして、同時にうつ病になると、脳に炎症が起こることも明らかになったんです。

これは以前から言われていたことですが、この時の実験でも脳が炎症することが明らかになりました。

 

それで、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンには炎症を抑える作用がありますが、ストレスを受けても脳に炎症ができるのを抑えることができたため、うつ病にならなかった、と考えられています。

 

今まで、腸内環境の悪化やストレスなどで脳に炎症ができ、うつ病になる、と考えられてきました。

それで、このたびの実験で、ストレスによって脳に炎症ができるとうつ病になる事、そして、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンには脳の炎症を抑えてうつ病の発症を抑えることが明らかになったんです。

 

ちなみに、ブロッコリーよりもブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトのほうが、スルフォラファンがたくさん含まれているので、より効果的だと言われています。

ブロッコリースプラウトなら、ゆでたりすることもなく、そのままドレッシングなどをかければ普通に食べることができます。

カイワレ大根と違って苦味はほとんどありませんので、毎日食べ続けても嫌になる事はないでしょう(飽きるんですけどね)。

 

ですから、うつ病を改善するために、一度ブロッコリースプラウトを積極的に食べてみてはいかがでしょうか?

 

ただし、ブロッコリーやブロッコリースプラウトだけを食べ続けたら、うつ病は悪化する可能性が非常に高いです。

栄養バランスを心がけながらも、その中でブロッコリーやブロッコリースプラウトを食べていくようにするといいですよ。

 

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)