暑い夏に下痢が起こる原因は熱中症!?倒れる前にすべきこととは?


 

暑い夏になると、熱中症になる人が増えますよね。

それで、熱中症で毎年死者が出ていますが、非常に怖いので充分に注意しておくべきです。

 

それで、熱中症の症状に下痢があります。

夏に下痢になると「冷たいものを飲んだり食べたりし過ぎたのかなぁ?」なんて思ってしまいがちですよね。

しかし、熱中症で下痢になる事もあるんです。

 

そこで、ここでは熱中症の症状である下痢の対処法について紹介します。

 

doctor

熱中症で下痢になるメカニズム

 

まずは簡単に、熱中症で下痢になるメカニズムから紹介します。

 

熱中症になると、初期段階は大量の汗が出ます。

それで、汗と一緒に塩分などが排出されます。

そうすると、血液の塩分量が減ってしまいますよね。

 

ちなみに、私たちの体は血液の塩分濃度を一定に保とうとします。

それで、塩分量が少なくなると、水を排出して塩分濃度が下がらないようにします。

そして、塩分濃度が薄くならないようにするために、胃腸から水分を吸収しなくなってしまうのです。

それで、便と一緒に水分が排出されるんですが、便の水分が多くなれば下痢になりますね。

 

それで、血液中の塩分量が少ないと、血液中の水分量が少なくなってしまいます。

そうすると、体の表面の温度が上がっているにもかかわらず、汗をかくことができなくなりますね。

そうなると、熱中症の症状が重くなり、倒れたり、意識を失ったりするようにもなります。

 

ですから、熱中症で下痢になったら、早めに対処する必要がありますよ。

 

熱中症で下痢になった時の対処法

 

熱中症で下痢になるのは、血液中の塩分量が少ないからです。

ですから、塩分を補うことが大切になりますよ。

塩分は指にひと舐めするだけで充分です。

たくさん摂ってしまうと血圧が高くなりますので、ひと舐めで充分ですよ。

 

 

あと、下痢の原因によって対処法が違います。

例えば、食べ過ぎが原因の下痢なら食べる量を減らす必要がありますが、熱中症が原因の下痢で食べる量を減らしても意味がないですよね。

 

それで、夏に起こった下痢の原因がはっきりしない場合は、とりあえずは塩分は取っておいたほうがいいです。

一時的に塩分を摂りすぎたところで、すぐにどうこうなるわけではありません。

一時的に塩分を摂りすぎて血圧が高くなっても、またすぐに元に戻りますし、1日か2日血圧が高かったくらいで、体に何の悪影響も及ぼしません。

「食べ過ぎで下痢になったのかも?」と思った場合でも、食べる量を減らすのと同時に塩分も摂っておいたほうがいいですよ。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)