肉をやめてその代わりに魚を食べるのは健康的?魚は実は不健康?


 

魚は健康的な食べ物だから、どれだけ食べても大丈夫!
というイメージってありませんか?

魚に含まれている油は、肉類に含まれている油と違って血液をサラサラにし、またコレステロールを下げるので健康的だ、と言われていますね。

ですから、肉よりも魚中心の生活にしましょう、と言われることがあります。

 

ということで、なかには肉類は一切食べずに魚ばかり食べる人もいますよね。

しかし、魚ばかり食べていて本当に大丈夫なのか、疑問に思った事はありませんか?

 

そこで、ここでは肉類をやめて代わりに魚を食べるのは本当に健康的なのか、検証します。

 

job_eiyoushi

肉の代わりに魚を食べるのは本当に健康なのか?

 

魚の油は肉の油と違って、体脂肪になりにくいです。

そして、血液をサラサラにしたり、コレステロールを減らしたりする働きがありますので、非常に健康的です。

高血圧や高脂血症などの生活習慣病の予防にもなります。

これらは、肉類に含まれる油とは真逆の働きですね。

その他、魚にはたんぱく質やカルシウムなども含まれていますので、非常に健康的な食べ物です。

 

だったら、魚を食べ続けるのはいいことではないか、
たんぱく質やビタミン、ミネラルに関しては魚と肉とでは含まれる量はそれほど大きな差はない(部位などによっても違いがあるので、ちょっと乱暴な言い方をしています)から、肉類は一切食べずに魚ばかり食べていればいいのではないか、

なんて、あなたは思いませんでしたか?

 

実は、魚を食べすぎると体に悪影響を及ぼすことがあります。

それは、食物アレルギーです。

食物アレルギーは大人になってもなりますし、今までアレルギー反応が出なかったのにもかかわらず、突然現れることがあります。

 

アレルギーはアレルギーの原因となるものを摂り続けることで、突然発症します。

簡単にいうと、アレルギーの原因となるものが体内に蓄積されていきますが、その限界を超えるとアレルギーの症状が発症する、ということになるんです。

つまり、魚の食べる量が増えたために、体内によりたくさん蓄積されるようになったので、限界に達してしまい、アレルギー症状を発症する、ということになります。

 

では、どれだけ食べるとアレルギー症状を発症するのか、これは個人差が大きいです。

生まれつきもあるんですが、それ以外にもストレスや腸の調子によって、アレルギー症状が現れやすくなったりもします。

つまり、毎食魚を食べてもアレルギーの症状が出ない人もいれば、1日1食魚を食べただけで、アレルギー症状が出る人もいます。

 

それで、一度魚でアレルギー症状が出てしまったら、それ以降は魚を食べるたびにアレルギー症状が出てしまいます。

アレルギーは運が悪いと死亡することがありますし、そのほかつらい症状が出ますので、魚アレルギーになったら、もう魚を食べることができなくなります

 

しかも、アレルギーを治す方法は、今のところない、とされています。

腸の調子を良くしたり、アレルギー症状を引き起こす物質の生成を抑えれば、アレルギー症状は出なくなる、とは言われています。

ただ、はっきりとした治療効果は実証されていません。

 

ちなみに、肉類も同じことが言えます。

肉類を食べ過ぎると肉アレルギーになる恐れがありますよ。

 

ですから、魚ばかりを食べるのはよくありません。

肉ばかり食べるのも良くないです。

 

どれだけ健康的だと言われているものでも、同じものを食べ続けるとアレルギーになる可能性があります。

ですから、いろいろな種類のものをバランスよく食べることが大切ですよ。

 

肉類や魚類の含まれる脂質やたんぱく質は、生きていくうえでは欠かせないものになります。

それで、アレルギーにならないためにも、肉ばかり、あるいは魚ばかりにならないようにして、肉と魚をバランスよく食べることが大切ですよ。

 

どちらをどれだけ食べればいいのか、それは明確ではないです。

多分、肉:魚=1:1で食べていれば、アレルギー症状は引き起こす可能性は低くできるとは思います。

ただし、これは個人差が大きすぎるので、一概にいうことができないです。

肉か魚のどちらにアレルギーになりやすいのかを判断するのは、自宅では無理だと思いますし。

ただ、アレルギーになりにくくするには、様々な種類の食べ物をバランスよく摂ることが一番ですので、どちらかに偏らないようにしたほうがいいでしょう。

 

肉類よりも魚類のほうががんになりやすい、とか、まあいろいろなことが言われていますよね。

そのなかで、どれが俗説で、どれが的を得ている説なのか、よくわかりません。

ただ、今確実に言えるのが、魚の食べ過ぎでアレルギーになる可能性がある、ということです。

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)