睡眠不足だと食欲が止まらなくなる!?その原因と対処法!


 

「食べても食べても食欲が止まらなくて…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

その原因は睡眠不足かもしれません。

 

そうです!睡眠不足になるとたくさん食べても食欲が止まらなくなるんです。

その状態が続いてしまうと、肥満になる恐れがありますので、早めに対処する必要があります。

 

では、睡眠不足だとなぜ食欲が止まらなくなるのでしょうか?

そして、どうすれば食欲を止めることができるようになるのでしょうか?

 

syokuji_tabesugi_man

睡眠不足だと食欲が止まらなくなる原因とは?

 

まず、睡眠不足が食欲が止まらなくなる原因になる理由について紹介します。

 

私たちの食欲は、脳の満腹中枢や空腹中枢などによってコントロールされています。

簡単にいうと、空腹中枢が刺激されると食欲が増し、満腹中枢が刺激されると食欲が抑えられます。

それで、空腹中枢、満腹中枢は、ホルモンによって刺激されているんです。

 

それで、睡眠不足になると満腹中枢を刺激するレプチンというホルモンの分泌が減ってしまいます。

だから、たくさん食べても満腹感を感じることができないので、食欲が止まらなくなるんです。

 

ある説によると、睡眠不足は体にとって危機なんですが、その危機を少しでも緩和するために食べ物を体内にたくさん蓄えようとするので、レプチンの分泌を抑え、食欲を増すようにしている、ということです。

真偽のほどはとにかく、睡眠不足になるとレプチンが減るから満腹中枢が刺激されない、ということは、ハッキリとしていますよ。

 

ちなみに、ストレスが原因でレプチンが減ることが分かっています。

ですから、ストレスによって食欲が増すメカニズムと、睡眠不足によって食欲が増すメカニズムは同じ、ということになりますよね。

 

睡眠不足で食欲が止まらない時の対処法

 

睡眠不足が原因で食欲が止まらないのであれば、睡眠不足を解消してぐっすり眠ればいい、ということになりますね。

しかし、忙しかったりしたら、睡眠不足を解消することなんてできないですよね。

 

そこで、睡眠不足でも食欲が止まらないのを改善するポイントを紹介します。

 

まずは、睡眠不足であることをあまり気にしないようにすることが大切です。

睡眠不足だから体に悪影響があるだろうなぁ、と思っていると、睡眠不足そのものがストレスになります。

それで、ストレスのせいで食欲が止まらなくなりますよね。

ということは、食欲が止まらない原因を2つ(睡眠不足とストレス)作っていることになりますよね。

すると、ますます食欲が止まらなくなりますよね。

それで、せめて睡眠不足であることを気にしないようにすれば、ストレスが緩和されますので、食欲が止まらない原因を1つ取り除くことができます。

そうすると、食欲をある程度は抑えることができるようになる、ということができますよね。

睡眠不足だと体がだるくなったりもしますので、睡眠不足のことを気にしたくなくても気になってしまうと思います。

ただ、そこはなにかに熱中するなどして、なんとか気にしないように心がけるといいでしょう。

 

もうひとつ、睡眠時間を確保できないのであれば、睡眠の質を良くすることを心がけるべきです。

睡眠は時間よりも質が大切だと言われます。

それで、睡眠の質を良くすることで睡眠時間が短いのを補うことができますよ。

睡眠の質を悪くする大きな原因となっているのが、寝る前のスマホやパソコンです。

スマホやパソコンの画面からブルーライトという目に見えない光が放たれていますが、ブルーライトは脳を覚ましてしまうので、寝る前にしていると睡眠の質が悪くなります。

ですから、寝る前はできるだけ早い段階でパソコンやスマホはしないようにするといいです。

通勤中はできるだけスマホをしないようにし、本を読んだり、あるいはリラックスする音楽を聴いたりしているといいでしょう。

リラックスする音楽を聞いていれば、そのまま帰って布団に入ってもすぐに寝付くことができ、睡眠の質が良くなりそうですね。

 

睡眠の質を良くする方法については別のページで詳しく紹介しました。

興味があれば、そちらをご覧ください。

 夜眠りが浅く日中眠い原因と対処法!

 

病気知らずで健康的な毎日を!

byokisirazusita

コメントを残す




*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)